日本上陸から今に至るまでの「日本のフラ&タヒチ事情」について知りたい

古代ポリネシア人が「大いなる旅」とともに、タヒチからハワイへと伝わり、独自の進化を遂げてきたフラダンス。日本では、「ハワイ」や「南の島」が大好きな日本人によって、大切に伝え広まってきました。

 

ハワイアン・ミュージックとフラダンスの日本上陸

フラダンスが日本に紹介されたのは、第二次世界大戦後のことです。
終戦後日本にやってきたアメリカ兵たちによって、ハワイアン・ミュージックと共に、フラダンスがもたらされました。
大々的に紹介されたのは、1964年、常磐ハワイアンセンター(現スパリゾート・ハワイアンズ)が最初ではないかと言われています。

日本に紹介された当初は、アウアナ(近代フラ)のみで、カヒコ(古典フラ)は紹介されていませんでした。フラダンスとタヒチアンダンスの区別もされていませんでした。
今でもフラショー、フラダンスショー、ハワイアンショーといったステージで、タヒチアンダンスが披露されていることもありますね。同じポリネシアですので、そこは、あまり堅苦しく考えず、ショーを楽しむのがよいと思います!

池袋フラフェスティバル2016の様子
『東京フラフェスタin池袋』の様子

 

カヒコ、タヒチアンダンスの登場

カヒコ(古典フラ)が、日本でも注目されるようになったのは、1990年頃のことです。タヒチアンダンスは、2000年頃から盛んになってきました。
今ではアウアナ(近代フラ)も、カヒコ(古典フラ)も、フラダンス教室で教えられていますし、フラダンス教室の中で、「ついで」のような存在だったタヒチアンダンスも、お教室として独立して育ってきています。

お台場タヒチフェスタの様子
『タヒチフェスタお台場』の様子

 

映画「フラガール」で大ブームに!

2006年に公開された映画「フラガール」は、常磐ハワイアンセンター(現スパリゾートハワイアンズ)の誕生から成功までの、実話をもとにしたストーリーで、大ヒットしました。この映画の影響もあり、日本でフラダンスとタヒチアンダンスがブームとなりました。

でも、一過性のブームで終わることなく、習い事のジャンルとして定着してきました。実際にフラダンスやタヒチアンダンスを受け継ぎ、伝えてきた人たち、しっかり習って身につけてきた人たちのお蔭ですね。

 

 

映画「フラガール」で一躍有名になった、スパリゾートハワイアンズのポリネシアン・グランドステージでは、タヒチアンダンスやフラダンスやサモアの火の踊りなど、ポリネシアの様々な地域のダンスが、毎日披露されています。

 

日本のフラダンス人口は先住ハワイ人の10倍!?

日本のフラダンス人口は100万人と言われています。これがどんな数字かと言う数字を、ちょっとご紹介しますね。
2010年ハワイ州の人口は約130万人、そのうち先住ハワイ人の比率はわずか6%、10万人程度。純血のハワイ人は、8,000人もいないのではないかと言われています。

何と日本でフラダンスをやっている人は、先住ハワイ人の人口の約10倍、純血ハワイ人の人口の125倍ということになります!日本におけるフラダンスの普及は、ハワイの文化を伝え、守っていくお手伝いと思っていましたが、数字の上では、フラダンスのさらなる発展にも寄与していることになるんですね。

フラダンスだけでなく、世界中の様々な伝統芸能が、もっともっと広がっていくといいですね!

 
※ ハワイの伝統芸能Hula(フラ)には、「ダンス」という意味が含まれています。そのため、「フラ」と呼ばれる事も多いのですが、「フラダンス」の方が一般的です。このサイトでは、「フラダンス」と表記させていただきます。

 

 

MUSBIC公式 Facebook ページ

About musbi-chan 282 Articles
むすびちゃんです。「習い事をきっかけに、集まる、参加する、楽しむ、むすびつく」をコンセプトに、習い事にまつわる様々な情報を発信していきまーす!