ハワイに伝わった「涙そうそう」、フラダンスの動画が素敵すぎる

森山良子作詞、BEGIN作曲による有名な曲「涙そうそう

1998年に初めて発表されて以来、多くのアーティストによってカバーされていますね。

2004年、マウイ島出身で、自身でフラハラウ(フラダンスの教室)を持つクムフラ(フラダンスの先生)の1人であるケアリィ・レイシェルが、この曲をハワイアンにアレンジした「Ka Nohona Pili Kai」を発表しました。

2004年ハワイのグラミー賞と言われる、ナ・ホク・ハノハノ・アワードで、この曲「Ka Nohona Pili Kai」を含むアルバム「Keʻalaokamaile」は7部門を受賞。「Ka Nohona Pili Kai」はSong of the Yearに輝きました。今では、フラでもスタンダードな曲として、多くの場で披露されています。

 
始めにご紹介するのは、ケアリィ・レイシェルがギターの弾き語りをし、それに合わせてダンサーがフラダンスを披露している動画です。
画面には、そのパフォーマンスを見ているビギンのメンバー達が!

 

 

こちらは、ハワイ島ヒロで、毎年4月、イースター(復活祭)の時期に開催されるフラダンス競技会の最高峰、メリーモナーク・フェスティバルの2005年大会、団体アウアナ(近代フラ)の競技で披露された「Ka Nohona Pili Kai」です。大勢の踊り手と会場の人々の心がひとつになった、素晴らしいステージです。

メリーモナーク・フェスティバルでの競技は、 カイ(入場の踊り)、メレ(演舞曲)、ホイ(退場の踊り)という、3つのパート で構成されています。「Ka Nohona Pili Kai」はメレのパート。1:54あたりからご注目です!

 

 

「Ka Nohona Pili Kai」の歌詞は、オリジナルの「涙そうそう」のハワイ語訳ではなく、ケアリィ・レイシェルのオリジナルです。ビギンのメロディに感動したケアリィ・レイシェルが、日本語の歌詞の意味を知らずにハワイ語でつけた詞は、幼い頃に過ごした海辺の家と祖母を、愛しく懐かしく思う気持ちを表現していて、そこには驚くほどオリジナルの歌詞と通じる想いがあります。音楽は言語の壁を超えるってこういうことなのですね!

 

※ フラ(hula)は、ハワイの伝統的な歌・踊り・音楽がミックスした総合的な芸術で、宗教的な儀式でもあります。

※ ハワイの伝統芸能フラ(hula)には、「ダンス」という意味が含まれています。そのため、フラ(hula)と呼ばれる事も多いのですが、「フラダンス」の方が一般的です。このサイトでは「フラダンス」と表記させていただいております。

 

 

MUSBIC公式 Facebook ページ

About musbi-chan 236 Articles

むすびちゃんです。「習い事をきっかけに、集まる、参加する、楽しむ、むすびつく」をコンセプトに、習い事にまつわる様々な情報を発信していきまーす!