武道、剣道、柔道、茶道、華道などで使われる「道」という言葉の意味をご存知ですか?

武道、剣道、柔道、茶道、華道・・・みんな「道」という言葉が使われていますよね。この「道」って、どういう意味?
ちょっと気になりましたので調べてみました。
あらためて納得することばかりです!

 

dou

 

道(どう)

「道」という漢字は、ご存知の通り、「首」と「しんにゅう」で出来ています。首は人間を表し、「しんにゅう」は往来を表すそうです。人が物理的に行きかう場所。そこから発展して、人が何度も同じことを反復して得た最高の善を「道」というのだとか。
単に技術を磨くだけでなく(もちろんそれも大切ですが)、人としての成長をめざす、それが「道」という一言に表現されているのですね。
武道とは、戦いの技術を磨く技術に、その技を磨く稽古を通じて人格形成を目指す「道(どう)」の理念が加わったもの。武道の中でも、室町時代から江戸時代にかけて発展したものを、古武道ということもあります。今では戦いの技術というよりも、心身を鍛え、また礼儀作法を身につけるため、教育的な修行のため、「ならいごと」として盛んになっていますね。
柔道、相撲、空手、合気道、剣道などは子供さんのならいごととしても盛んですね。その他にも少林寺拳法や居合道、なぎなた、弓道、抜刀道など、さまざまな武道があります。それぞれに流派があり、技と作法が、守り伝えられているのです。

 

残心(ざんしん)

残心とは、日本の武道や芸道で使われる言葉です。心を残す、心を途切れさせないという意味。武道では、相手を責める技の直後でも、敵に備えて保つ心の構えを言います。剣道では、残心のない攻撃は無効とされるのだとか。勝ってもおごらず、負けても悔やまず、常に節度ある態度を堅持しましょう、という精神的な修養なのですね!日本の武道が、もともと生きるか死ぬかの勝負だったからこそ、大切にしている考え方です。
一方、茶道や日本舞踊などの芸道では、礼法として取り入れられています。何があっても、動作の最後まで気を抜かず、しかも平常心でいること、謙虚であることを大切にしましょう、という教えです。

 
「道」と「残心」、忙しい毎日、心のゆとりを見失いがちですが、ときには静かにかみしめてみたい言葉ですね。

 

MUSBIC公式 Facebook ページ

About musbi-chan 282 Articles
むすびちゃんです。「習い事をきっかけに、集まる、参加する、楽しむ、むすびつく」をコンセプトに、習い事にまつわる様々な情報を発信していきまーす!