【初心者の囲碁体験シリーズ第1回】2000年前から存在していた世界的なボードゲーム『囲碁』について、ちゃんと知りたい!

囲碁は、2人で対面して行うボードゲームの一種。碁盤と呼ばれるボードに、交互に石をおいて陣地を取り合い、取った陣地の広さで勝敗を決めるゲームです。

囲碁を楽しむおじいさんと孫
囲碁は、2000年以上前に、中国で誕生したと考えられていて、聖武天皇の碁盤が現存していることから、奈良時代には日本に伝わっていたことがわかっています。戦国時代には武士のたしなみとして戦国武将たち、特に徳川家康に好まれていたそうです。

大河ドラマ、「真田丸」でも、堺雅人さん演じる真田信繁と嫡男大助が対話するシーンで、囲碁が登場していましたね。

江戸時代になると、囲碁は幕府の保護により飛躍的に技術が向上し、庶民の娯楽としても定着していきました。

今では、世界80ヶ国以上に普及していて、世界選手権も行われているんです!

%e3%83%80%e3%82%a4%e3%83%a4%e3%83%a2%e3%83%b3%e3%83%89%e5%9b%b2%e7%a2%81%e3%82%b5%e3%83%ad%e3%83%b3

白と黒の石を碁盤において、陣地を取り合うだけ・・・なのに、なんだかとっても難しそうな印象の囲碁。

実は私も、今までちょっと二の足を踏んでいましたが、ダイヤモンド囲碁サロン梅木さんのご協力で、囲碁体験をしてみることにしました。これからシリーズで囲碁体験レポートをお送りしますね!

※ダイヤモンド囲碁サロンのホームページはこちら

MUSBIC公式 Facebook ページ

About musbi-chan 271 Articles
むすびちゃんです。「習い事をきっかけに、集まる、参加する、楽しむ、むすびつく」をコンセプトに、習い事にまつわる様々な情報を発信していきまーす!