フラダンスを華やかに楽しく演出する『ウリウリ』!マラカスにそっくりなハワイの伝統楽器

ウリウリ

写真の道具、華やかな羽に目が行ってしまうと思いますが、根元の部分、ころんと丸いものに持ち手がついていて、マラカスに似ていると思いませんか?

この道具は「ウリウリ(‘Uli ‘uli)」といいます。イプと同じく、瓢箪(ひょうたん)でできた、ハワイの伝統的な打楽器の一種です。

※イプについては、こちらの記事もご覧くださいね。

「ウリ」とは、ガラガラという音を意味する言葉です。その名前の通り、ウリウリは、マラカスのように振って、ガラガラと音を出して使います。ウリウリを使うときは、1個のときも、2個のときもあります。見た目だけでなく、使い方もマラカスと似ていたんですね!

ウリウリにするひょうたんは、ラ・アミアという小さい品種です。ひょうたんではなく、ココナッツの実を使うこともあります。
ウリウリのひょうたん部分の内部には、植物の種や小さな貝が入っていて、振ると音が出るようになっています。
持ち手の部分には、ハウの樹皮やイエイエの葉など、ハワイの伝統的な植物の樹皮や葉が巻かれています。さらに持ち手の先には、カラフルな羽飾りがついています。

写真のような、赤と黄色の羽飾りを多く見かけますが、実は、色に関する決まり事は特になかったようで、羽飾りのないウリウリもあるそうです。

 

ウリウリを使用したフラダンスのステージ
ウリウリを使用したフラダンスのステージ

 

ハワイの人達は、神聖な儀式だけでなく、みんなで集まって楽しむためにも、打楽器を打ち鳴らし、フラダンスを舞いました。中でもウリウリを使用したフラダンスは、とっても楽しく盛り上がる曲が多いんですよ!

フラダンスを習うと、ハワイの伝統的な打楽器の使い方も習うことができるんですね。楽しくフラダンスを習いながら、ハワイの伝統にも触れることができるって、すてきですね!

 

※フラ(hula)は、ハワイの伝統的な歌・踊り・音楽がミックスした総合的な芸術で、宗教的な儀式でもあります。

※フラ(hula)には、「ダンス」という意味が含まれています。そのため、「フラ」と呼ばれる事も多いのですが、「フラダンス」の方が一般的です。このサイトでは、「フラダンス」と表記させていただいております。

 

MUSBIC公式 Facebook ページ

About musbi-chan 236 Articles

むすびちゃんです。「習い事をきっかけに、集まる、参加する、楽しむ、むすびつく」をコンセプトに、習い事にまつわる様々な情報を発信していきまーす!