「Honukea:Ka Honu Nui O Moloka’i」海の守り神ウミガメ(ホヌ)の産卵と人々との関わりをテーマにしたカヒコ(古典フラ)

人と自然が共存していた古代。ハワイの人々は、ウミガメ(ハワイ語で「ホヌ」)を、幸運を運んでくれる海の守護神「アウマクア」と考え、とても大切にしてきました。ハワイには、ウミガメが子供の身代わりになって、子供たちをサメから守ったとか、サーファーをサメから守ってくれる、といった言い伝えがあるんですって!

 
世界最高峰のフラダンス競技会、メリーモナーク・フェスティバル、2016年の団体カヒコ(古典フラ)部門で、ウミガメをテーマにした演舞を披露したチームが優勝しました。

メリーモナーク・フェスティバルは、ハワイ島ヒロで、毎年4月、イースター(復活祭)の時期に開催されます。カヒコ(古典フラ)は、打楽器とチャントに合わせて踊る、伝統的で神聖なフラダンスです。
メリーモナーク・フェスティバルの団体カヒコ(古典フラ)部門は、各グループの持ち時間7分の中で、オリ(チャント、詠唱)、カイ(入場の踊り)、メレ(演舞曲)、ホイ(退場の踊り)という、4つのパートを演技して競います。

メレ(演舞曲)は「Honukea:Ka Honu Nui O Moloka’i」 ホヌケアという、モロカイ島のペレクヌという場所に棲む、大きな白いウミガメのお話です。
ホヌケアは、産卵の時期に ペレクヌに戻ってきます。ホヌケアが、無事に産卵場所にたどり着けるように、ペレクヌの人々が手助けをして、ホヌケアは無事に卵を産むことができたという、古代の人々と自然が共存していたことをイメージさせるお話なのです。

白いウミガメに合わせた、白い衣装に、亀甲柄のスカートという衣装も印象的でした。
彼女たちは「イリイリ」という打楽器を使用しています。イリイリは2個で1組、それをカスタネットのように合わせて音を出すので、別名ハワイアン・カスタネットと言われます。イリイリは、両手に持って踊ることが多いのですが、このグループは珍しく1組使いなんですよ!

 

ハワイアンカスタネットと呼ばれるイリイリは平たい石

 
ハイライト動画をご覧いただくにはこちらをクリックしてくださいね。KFVEの動画ページが開きます。(※視聴はPCのみとなります)

 
ゆっくり鑑賞されたい方は、公式DVDをご購入なさってくださいね。手に入りにくくなっていますので、お早めに!

 

 

※ フラ(hula)は、ハワイの伝統的な歌・踊り・音楽がミックスした総合的な芸術で、宗教的な儀式でもあります。

※ ハワイの伝統芸能フラ(hula)には、「ダンス」という意味が含まれています。そのため、フラ(hula)と呼ばれる事も多いのですが、「フラダンス」の方が一般的です。このサイトでは「フラダンス」と表記させていただいております。

 

MUSBIC公式 Facebook ページ

About musbi-chan 280 Articles
むすびちゃんです。「習い事をきっかけに、集まる、参加する、楽しむ、むすびつく」をコンセプトに、習い事にまつわる様々な情報を発信していきまーす!