ハワイの神々に捧げられた神聖なシダ、Palapalai(パラパライ)

Forest & Kim Starr

パラパライは、ハワイ固有のシダの一種で、ハワイ諸島の全ての島で見ることができます。日本語名を「イシカグマ」と言います。
パラパライは、フラダンスの女神ラカへの捧げものだったとも、火の女神ペレの妹、女神ヒイアカが身につけていたものとも伝えられています。ハワイの人たちにとって、とても大切な植物のひとつなのです。

パラパライは、湿度の高い、陰の多い場所で見ることができます。とても香りが良くて、柔らかい葉が特徴です。
「パライ」には、ハワイ語で「恥ずかしくてうつむく」といった意味もあるそうです。
シダは日陰にひっそりと生息しているから、そんな意味の名前がついたのかもしれませんね。

 

Photo by Forest & Kim Starr

 
あるときは嵐や火山の噴火のように激しく、またあるときは雨上がりの虹や霧のように優しく・・・さまざまな表情を見せるハワイの自然。
古代ハワイの人たちにとって、自然は神聖な存在でした。あたりまえのように、自然に神を感じ、信仰するようになっていったのだと考えられています。

彼らは、神殿に植物を供えて神々に捧げました。植物もまた神聖なものでしたので、儀式で使用する花や葉を摘む前には、神々に祈りを捧げて許しを請いました。儀式の後も、感謝の祈りを捧げて、海や川に沈めるなど、自然に戻していたそうです。

 

Photo by Forest & Kim Starr

 
今でもフラダンサーたちは、頭や手首、足首などにパラパライを編んだレイを着けて身を飾ります。
パラパライはなかなか手に入らないので、葉の形がよく似ているレザーファンで代用することが多いですね。
レザーファンは、その名「レザー」の通り、しっかりした葉なんですよ!フラワーアレンジメントなどでも、よく使われます。

ハワイの人たちの自然との関わり方って、学ぶべきことが多いなって思います。私たちも、美しい花や植物を通して、自然や文化を大切にする心を伝え残していきたいですね。
ムスビックは美しい自然や文化の伝承を応援します!

 

※ フラ(hula)は、ハワイの伝統的な歌・踊り・音楽がミックスした総合的な芸術で、宗教的な儀式でもあります。

※ ハワイの伝統芸能フラ(hula)には、「ダンス」という意味が含まれています。そのため、フラ(hula)と呼ばれる事も多いのですが、「フラダンス」の方が一般的です。このサイトでは「フラダンス」と表記させていただいております。

 

MUSBIC公式 Facebook ページ

About musbi-chan 236 Articles

むすびちゃんです。「習い事をきっかけに、集まる、参加する、楽しむ、むすびつく」をコンセプトに、習い事にまつわる様々な情報を発信していきまーす!