ホワイトジンジャー、可憐な花姿と甘い香りでハワイの人々に愛されている花

Photo by Forest & Kim Starr

ハワイでよく見かけるホワイトジンジャー。ハワイではアヴァプヒ・ケオ・ケオ、日本ではハナシュクシャと呼ばれる、ショウガ科の植物です。根の部分には、ショウガ特有のコブのようなものがあるんですよ!

ホワイトジンジャーは、甘く優しい香りで、ハワイの人たちからとても愛されてきました。ハワイの結婚式では、花嫁の首にいくつものホワイトジンジャーのレイをかけてあげて、豊かな香りで花嫁を祝福するそうです。

Photo by Forest & Kim Starr

 
ポリネシア人がホワイトジンジャーをハワイに持ち込んだ驚きの理由

ホワイトジンジャーの原産地はインドからマレーシア辺り。日本には江戸時代にやってきました。ハワイには、古代ポリネシア人が「大いなる旅」によって持ち込んだと言われています。
彼らは、タロイモ、ブレッドフルーツ、ココヤシなど、生活に有用な植物をたくさんハワイに持ち込みました。カヌーに乗ったポリネシア人がハワイに持ち込んだ植物、ということで「カヌープラント」といいます。

※カヌープラントのお話は、こちらをご覧くださいね。

ホワイトジンジャーは、カヌープラントとはちょっと事情が異なります。ホワイトジンジャーは、なんと香りと花の美しさを楽しむために、ハワイに持ち込まれたのだそうです!

 

ハワイの人たちの暮らしを豊かに彩るホワイトジンジャー

ハワイの人たちは、ホワイトジンジャーの球根から搾り取った液で、髪を洗っていたと言われています。ハワイの女性たちの髪が黒く美しいのは、ホワイトジンジャーのおかげなのだとか。
さらに、ホワイトジンジャーの香りは、気持ちを落ち着ける力を持っているとも言われます。

清楚で可憐なだけでなく不思議なパワーを持つ花、ホワイトジンジャー。古代の人たちが、まさに命がけのカヌーの旅で、生きていくために必要なものだけでなく、暮らしを豊かにするための植物も持ち込んでいたとは驚きですね!

ホワイトジンジャーの香りを楽しめるボディケア製品「テラノバ」。コアなハワイ通の人たちに人気のアイテムですが、日本ではこちらのサイトで購入できます。(※画像をクリックしていただくと、ショップのサイトにつながります。)



 
きれいな花を通して、自然を大切にする心を伝え残していきたいですね。
ムスビックは美しい自然や文化の伝承を応援します!

 

MUSBIC公式 Facebook ページ

About musbi-chan 295 Articles
むすびちゃんです。「習い事をきっかけに、集まる、参加する、楽しむ、むすびつく」をコンセプトに、習い事にまつわる様々な情報を発信していきまーす!