線画家もんでんゆうこさんのイラストで訪ねる谷保天満宮

東京・国立市谷保(やほ)にある谷保(やぼ)天満宮
菅原道真公を祀る天満宮(天神様とも言います)は全国にたくさんありますが、谷保天満宮は東日本最古の天満宮で、亀戸天神、湯島天神とともに「関東三大天神」のひとつとされています。

 

谷保天満宮の本殿

 

東京・多摩地域を中心に活躍中の、線画家もんでんゆうこさんの素敵な作品の中から、谷保天満宮を題材になさったイラストを、谷保天満宮と合わせてご紹介させていただきますね。

 
国立市谷保のあたりは、立川崖線(たちかわがいせん)と呼ばれる、多摩川の河岸段丘になっています。地元では、段丘の高いところは「ハケ上」、低いところは「ハケ下」と呼ばれています。

谷保天満宮は、この立川崖線の地形を利用して建っていて、「ハケ上」の甲州街道から石段を下がって境内に入っていく、珍しい配置になっているんですよ!

 

鳥居の向こうは階段を下っていきます

 
谷保天満宮の境内には、鶏の家族が暮らしています。

30年ほど前に、例大祭で使用する獅子頭の羽が足りなくなったときに、いろいろな鳥を飼い始めたのがきっかけだそうです。

一度は、狐に襲われて4羽にまで減ってしまいましたが、近くの小学校に避難させたりして保護した結果、また数を増やしつつあるのだとか。

 
境内を自由に歩き回る鶏たちです。

 
とても人に慣れていて、近づいても悠然としています。

 

こちらは、もんでんゆうこさんが描いた谷保天満宮の鶏です。

 

 
今にも歩き出しそう!

 
さて、境内の甲州街道と反対側には、目立たないのですが、小さな通用口があります。
もんでんゆうこさんは、ここを「御勝手口」と命名!

 

境内から見た通用口です

 
「とびだすな!」という立て看板が、地元の人々が「御勝手口」をとても便利に使っていることを、雄弁に物語っていますね。

 
もんでんゆうこさんの描く「御勝手口」です。

生活空間から神聖な空間へと入っていく入り口として、描いていらっしゃいます。

 

 
御勝手口の向こうには、「ハケ上」にそびえる鳥居から「ハケ下」にある本殿に向かう階段がかいま見えます。パワーをいただけそう!

武蔵野台地の地形を利用した谷保天満宮は、武蔵野エリアでも有数のパワースポットでもあるんですよ!
是非一度行ってみてくださいね!

 

「谷保天は、わたしにとってお参りする場、と同時に鶏の観察、写生ができる大切な場所でもあります。」(もんでんゆうこさんより)

 

もんでんゆうこさんのイラストは、今にも動き出しそうな躍動感と、ずっと眺めていたい、優しいぬくもりを感じさせてくれます。
こんな素敵なイラストを描けるようになったらいいな!って思っちゃいました(#^^#)

 

もんでんゆうこさんについて

下書きをせずにペンで絵を描く、線画家もんでんゆうこさん。
躍動感のある、伸びやかな絵がとても魅力的です。永沢まこと氏に師事。
現在は、広報誌などの連載を手掛けるほか、保育園の絵画講師やカルチャー教室の講師として、東京・多摩地域を中心に活躍中です。

※もんでんゆうこさんのホームページはこちら

線画教室のお問い合わせやイラストのご依頼などは、ホームページの「お問い合わせフォーム」からお願いしますね。

 

MUSBIC公式 Facebook ページ

 

About musbi-chan 236 Articles

むすびちゃんです。「習い事をきっかけに、集まる、参加する、楽しむ、むすびつく」をコンセプトに、習い事にまつわる様々な情報を発信していきまーす!