「Ko’olau」 コオラウ山脈を吹き抜ける、マナ(聖なる力)に満ち溢れた心地良い風を歌うハワイアン・ソング

コオラウ山脈と後方左側にはココヘッド(出展:Wikimedia Commons)

コオラウ山脈。ハワイ、オアフ島の東側にそびえる山々です。
オアフ島を誕生させた火山活動が終わった後、風雨や波による浸食と、貿易風がもたらす多量の雨によって、コオラウ山脈は、現在のような美しい姿になっていきました。

※コオラウ山脈については、こちらの記事もご覧くださいね。

 
今回は、コオラウ山脈の美しさを讃える歌をご紹介させていただきます。
タイトルは「Ko’olau
ハワイを代表するハワイアン・ミュージシャンの1人、ネイサン・アヴェアウが2007年に発表したアルバム、「Kane’ohe」に収録されています。

 

ネイサン・アヴェアウのこと

一度聴いたら忘れられない、心に沁みる美しい歌声の持ち主、ネイサン・アヴェアウは、オアフ島の東側の町、カネオヘで、音楽ファミリーの一員として生まれ育ちました。
1982年にプロ・デビューをした後、シンガー・ソングライターとして、またプロデューサー、アレンジ、さらには音楽教師として、マルチに活躍を続けています。
ハワイのグラミー賞と言われる、ナ・ホク・ハノハノ・アワードの受賞歴多数!

ネイサン・アヴェアウは、日本には何度も訪れていて、日本語で歌うこともあるんですよ!
東北大震災の時には、日本の人たちに向けて、日本語で「ここに幸あり」を披露しました。ネイサン・アヴェアウの優しさに、会場は感動の涙に包まれたそうです。

 

 
こちらの動画は、マウイ島のナピリ・カイ・ビーチ・リゾートで毎週水曜日に開催されている「スラッキー・ショー(Slack Key Show)」に出演した時のものです。
ネイサン・アヴェアウの歌に合わせて、素敵なフラダンスも披露されました。

スラッキー・ショーは、毎週豪華なゲストが登場して、ハワイアン・ミュージックをたっぷり楽しめる、2時間のショーです。
マウイ島に旅行する機会があったら、ぜひチェックしてみてください!

※スラッキー・ショーの詳細につきましては、こちらをご覧くださいね。(英語のサイトです)

 
「Ko’olau」が収録されている、ネイサン・アヴェアウのアルバム「Kane’ohe」はこちらです。

 

MUSBIC公式 Facebook ページ

 

About musbi-chan 287 Articles
むすびちゃんです。「習い事をきっかけに、集まる、参加する、楽しむ、むすびつく」をコンセプトに、習い事にまつわる様々な情報を発信していきまーす!