英国ヴィクトリア女王からハワイのリリウオカラニ女王へ、そしてハワイの人々に受け継がれたハワイアンジュエリーの歴史

Photo by MUSBIC

ハワイを訪れると、多くの女性が、ハワイの伝統的なモチーフや文字が刻まれた、素敵なブレスレットを身につけていることに、気が付かれるのではないでしょうか?
それがハワイアンジュエリー、正式には「Hawaiian heirloom jewelry」と言います。

”Heirloom(エアルーム)”とは、”家宝”のこと。ハワイアンジュエリーとは、ハワイで親から子へと、大切に受け継がれていくジュエリーなのです。

今回は、ハワイアンジュエリーの歴史をひも解いてみたいと思います。

 
ハワイアンジュエリーの源流

ハワイアンジュエリーの源流をたどると、英国のヴィクトリア女王(1819~1901)に行きつきます。
ヴィクトリア女王の時代、英国は政治経済だけでなく、文化的にも栄華を極め、建築やインテリア、ファッションで、”ヴィクトリアン・スタイル”と呼ばれる華やかでスタイリッシュな様式が流行しました。

 

戴冠式のヴィクトリア女王(出展:Wikimedia Commons)

 
この時代、”センティメンタル・ジュエリー(Sentimental Jewellery)”と呼ばれる、愛や想い出の言葉を刻んだジュエリーが英国で流行していました。
ヴィクトリア女王は、国賓など大切な人々に”センティメンタル・ジュエリー”を贈ることを習慣としていたそうです。

ヴィクトリア女王は、1861年、最愛の夫プリンス・アルバートを失ったとき、あまりの悲しさに、10年以上にわたって喪に服しました。生涯喪服を着ていたとも言われています。
そのとき身につけていたのが、喪服に似合う黒いジュエリーでした。
”ヴィクトリアン・モーニング・ジュエリー(Victorian Mourning Jewellery)”と呼ばれ、まずは宮廷の人々に、その後大衆にも広がっていき、流行ファッションとなりました。
デザインは、イギリスの喪中用のデザイン「スクロール模様」で、黒いエナメルを使用していました。これが、後のハワイアンジュエリーのデザインの原型になったと言われています。

※Jewelryは米国式表記、Jewelleryは英国式表記です。

 
最初のハワイアンジュエリー

1862年、ハワイで、”Hoomanao Mau(ホオマナオ・マウ)”と刻まれたブレスレットが作られました。
王女時代のリリウオカラニのために作られたブレスレットで、リリウオカラニは、これを生涯身につけていたのだとか。

意味は、”永遠に続く想い出”
祈りにも似たこの言葉は、リリウオカラニが、プリンス・アルバートの死を悼み、ヴィクトリア女王に寄りそう心を表現したとも言われますが、その後君主として正しい判断を行う指針となり、苦しい立場におかれたときには、心の支えにもなったと言われています。

これが最初のハワイアンジュエリーとなったのですね。

 

リリウオカラニ女王

 
ハワイアンジュエリーの流行

時は移り、1893年のこと。
リリウオカラニ女王は、”Aloha Oe(アロハ・オエ)”と刻んだブレスレットを、英語学校の教師ゾーイ・アトキンソンに、舞踏会のお手伝いのお礼としてプレゼントしました。
その後間もなく政変が起き、リリウオカラニ女王は逮捕・監禁され、ハワイ王国は終焉を迎えます。そのタイミングでの”アロハ・オエ”・・・

”Aloha Oe(アロハ・オエ)”とは、”あなたに愛を”といった意味ですが、”さようなら”という意味もあります。

この何とも言えない偶然は、アトキンソンの学校でも大騒ぎになったことでしょうね。生徒たちは、愛する女王の身を案じ、またそのブレスレットが素敵だったこともあって、先生と同じようなブレスレットを身につけたい!と言い出しました。これが流行のきっかけとなったのだとか。

その後、大切な言葉を刻んだブレスレットは、誕生日、卒業式、結婚式といった、人生の節目に、親から娘にプレゼントされるようになっていきました。

 
ハワイアンジュエリーには、そんな歴史や、愛する人への想いが込められていたのですね!
私たちも、歴史や文化、そして人を大切にする心、きちんと受け継いでいきたいものです。

 

 

※リリウオカラニ女王については、こちらの記事もご覧くださいね。

※リリウオカラニ女王がヴィクトリア女王にプレゼントした歌、「クイーンズ・ジュビリー」は、こちらの記事もご覧くださいね。

※リリウオカラニ女王の作品、「アロハ・オエ」は、こちらの記事もご覧くださいね。

 

MUSBIC公式 Facebook ページ

About musbi-chan 236 Articles

むすびちゃんです。「習い事をきっかけに、集まる、参加する、楽しむ、むすびつく」をコンセプトに、習い事にまつわる様々な情報を発信していきまーす!