「TUAHINE(トゥアヒネ)」オアフ島マノアに降る霧雨の美しさ、温かさを伝える、優しく切ないハワイアン・ソング

オアフ島のホノルル東部、コオラウ山脈の南東に広がるマノアの谷は、そこに降る雨と虹で有名です。
オアフ島の北東から吹き付ける貿易風がコオラウ山脈にぶつかり、多くの雨を降らせるのです。

ハワイには、雨を表す言葉がたくさんあります。マノアの谷に降る霧雨は、”トゥアヒネ(Tuahine)”と呼ばれます。トゥアヒネは、マノアに降る雨の女神の名前です。

 

マノアの雨と虹の悲しい伝説

昔々、マノアに美しいプリンセスがいました。その名はカハラオプナといいます。カハラオプナの父はマノアに吹く風の神、母はマノアに降る雨の女神トゥアヒネです。そして、カハラオプナには、許婚のカウヒというプリンスがいました。

あるとき、カハラオプナに横恋慕した男性がカウヒに、カハラオプナが浮気をしたと嘘を吹き込みます。怒りに燃えたカウヒは、なんとカハラオプナを殺してしまいます。
これを見た、白いフクロウの姿をした、カハラオプナのアウマクア(守護神)プエオが、カハラオプナを蘇らせます。
でも、怒りの収まらないカウヒはまた彼女を殺します。それをプエオが蘇生し・・・という攻防が何度も繰り返された後、とうとうカハラオプナは、プエオにも助けられなくなり、マノアの空にかかる虹となってしまいました。
カウヒは二度と過ちを犯さないよう、丘に姿を変えられ、永遠に美しい虹を見上げることしかできなくなったといいます。

マノアに降る霧雨は、娘を失った母トゥアヒネの涙とも、また愛する娘を守る母親のように、マノアに安らぎをもたらすものとも言われます。

 

HAPAの「TUAHINE(トゥアヒネ)」

ハワイアン・ミュージック界を代表するグループのひとつ、HAPAが2013年に発表したアルバム「TUAHINE(トゥアヒネ)」のタイトルソング、「TUAHINE(トゥアヒネ)」の動画をご紹介します。
フラダンサーに大人気!マノアの雨と虹の伝説にインスパイアされた、とても美しいナンバーです。

美しいフラダンスを披露しているのは、2006年のミス・ハワイUSAで、現在はHAPAの専属ダンサーとして活躍していらっしゃるラダーシャ・ホオフリさんです。
字幕で、マノアの雨と虹の伝説について表示されています。そちらも合わせてお楽しみくださいね。

 

 
※HAPAのアルバム「TUAHINE(トゥアヒネ)」はこちらです。

 

マノアにあるハワイ大学付属のハロルドLライアン研修林。ワイキキから車で約15分で、マノアの大自然を楽しめるスポットです。

出展:Wikimedia Commons

 

※ フラ(hula)は、ハワイの伝統的な歌・踊り・音楽がミックスした総合的な芸術で、宗教的な儀式でもあります。

※ ハワイの伝統芸能フラ(hula)には、「ダンス」という意味が含まれています。そのため、フラ(hula)と呼ばれる事も多いのですが、「フラダンス」の方が一般的です。このサイトでは「フラダンス」と表記させていただいております。

 

MUSBIC公式 Facebook ページ

About musbi-chan 271 Articles
むすびちゃんです。「習い事をきっかけに、集まる、参加する、楽しむ、むすびつく」をコンセプトに、習い事にまつわる様々な情報を発信していきまーす!