自分の「好き」をちゃんとわかっておくことがなぜ大切なのか

「仕事」と「好きなこと」は「=」でつながるか?

「好きを仕事に。」
転職サイトのキャッチコピーのようですが(笑)、好きなことを仕事にできたらいいな、と感じている人は多いはず。

「好きなことは趣味でやって、仕事にはしたくない。」
一方で、仕事が「楽しい」だけのものではないと感じているオトナたちからは、好きなことは趣味ぐらいがいいんだよ、仕事で好きなことだけやれるわけないんだから、という声も聞こえてきそうです。

「どちらの意見もアリだな」そう思っていたのですが……。

 
先日、ある上場企業の会長とお話をする機会がありました。そこには多くの女性経営者が集まっていて、仕事で大成功を収めているその会長から、起業家としての在り方を聞く、という会でした。

会長の言葉に、その場の女性たちみんなが大きく頷いていました。

 

自分が好きなことをビジネスにする

好きで、人に貢献して、利益を出す

嫌いなことを「儲かるから」といってやっても続かない

好きだから頑張れる

頑張ると夢は叶う

今をいい加減にしていたら、10年後幸せになれない

 

文字にしてみると、ごく当たり前のことですが、自身で会社を興し、上場企業にまで育て上げた会長の言葉に、その場にいた女性全員が惹き込まれました。

なかでも一番刺さったのは、「生き方を決める」という言葉。
 

ボヤっとしていてはダメ。生き方を決めないと。

 
「生き方を決める」とは、どう生きていくのかを決める、ということ。それは、どんな夢や目標を持つのか、そしてどうやってそこに向かっていくのかを定める、ということ。

ドリームマップという目標達成ツールを多くの方に紹介している身には、ストンと腹落ちしたのです。

 

どうやって生きていくのかを決めるには…

 
「好きは夢の種」

「生き方を決める」ための基準・根底にあるものは、「好き」ではないかと感じています。

ドリームマップは、好きなものだけを集めた自分自身の夢の地図。

 
ギョギョギョ!でおなじみのさかなクンは、お魚が大好きな小学生で、お魚の図鑑を作りたいと夢見ていました。

2017年度のエアレースで総合チャンピオンとなった室屋選手は、ガンダムが大好きで、ガンダムをみて「飛行機に乗りたいな」と思ったそうです。

自分の「好き」を種にして、それを育て、夢を叶えた、と言えるのではないでしょうか。

 
でも目の前の仕事や家事のことで忙しい現代人が、自分の「好き」を改めて考える時間を持つのはむずかしいのも事実。

自分は何が好きで、どんなふうになりたいのか、そうなるためには何をしたらいいか…

 
ワンディドリームマップワークショップは、『1-2-3の法則』(今の自分、なりたい自分、そのギャップを埋めるための手段・行動)と『4つの視点』(自分中心の視点、周囲・社会との関わりという視点)を紐解き、まさに1日で夢の種を明らかにするワークショップです。

2018年の目標を立てる前に、まずは生き方を決めるためのヒント、探してみませんか?

11月18日土曜日、中央区勝どき1丁目にて、今年最後の「ワンディドリームマップ ワークショップ」開催です。

 

MUSBIC公式 Facebook ページ

About Office Get Set, Go 綿貫晶子 6 Articles

「ビジネスパーソンの未来を変えるプログラムを。」をテーマにoffice Get Set, Goの屋号でコーチ、研修講師、在宅ワークコンサルタントとして活動中。
ドリームマップ®普及協会認定ドリームマップファシリテーター、Points of You®認定トレーナー、パーソナリティサーベイシステム認定アナリスト。