寒い季節こそ楽しみたいトロピカル・カクテルのキーワード、”ティキ”ってなに?

Photo by MUSBIC

寒さがだんだん厳しくなってくるこの季節、南の島の風景や爽やかな風をイメージしながら、温かいお部屋でおしゃれなトロピカル・カクテルはいかがですか?

トロピカル・カクテルと、切っても切れない間柄なのが”ティキ”。

 
”ティキ”って何か、ご存知ですか?

ハワイでは、ティキをモチーフにした、マグカップやキーホルダーなどの雑貨が、お土産として人気です。

一方で、トロピカル・カクテルと同じ意味で、ティキ・カクテルという言葉が使われたりしますし、ティキ・バーといえば、ポリネシアをテーマにしたバーのスタイルのこと。

カクテルの世界で、”ティキ”といえば、アメリカ西海岸発祥で、世界的に人気を博した、ハワイアン・ムーブメントを意味するキーワードだそうです。

 

ティキ・カクテル(© Stefan Giesbert (www.cocktailpodcast.de) / , via Wikimedia Commons)

 

もともと”ティキ”は、ハワイを含むポリネシア一帯で見られる人物像のことで、ポリネシアの神々を表現しています。

表情などの特徴によって、どの神様を表現しているか、決まっているのだとか。
特に多く存在すると言われているのが、ハワイの四大神と言われる、クー(戦いの神様)、ロノ(農業と豊穣の神様)、カネ(万物の根源、生命の神様)、カナロア(海の神様)のティキです。

 

ハワイ島西部にあるプウホヌア・オ・ホナウナウ国立歴史公園のティキ
(Photo by Gillfoto [CC BY-SA 3.0 (https://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0)], via Wikimedia Commons)

 

※ティキは、ニュージーランドのマオリ族に伝わる、世界最初の人間のことでもあります。
この伝説は、ポリネシア一帯に広がっていて、タヒチでは”ティ”、”T”で表される発音のないハワイでは”キィ”、と呼ばれます。

 
”ティキ”という名前を冠したカクテルに出会ったら、ハワイの風景や爽やかな風を思い浮かべて、楽しく過ごしてくださいね!

 
写真は、とあるバーで出会った、”カナロア・ティキ”。海の神様カナロアのティキ、という名前のトロピカル・カクテルです。
ラムとココナッツ、そしてトロピカル・フルーツの爽やかな香りが、ハワイを思い起こさせてくれました。

 

 

素敵なひと時をお過ごしくださいね!
ムスビックは、ならいごとだけでなく、人と人との結びつきや楽しいひと時も応援します。

 

MUSBIC公式 Facebook ページ

 

About musbi-chan 236 Articles

むすびちゃんです。「習い事をきっかけに、集まる、参加する、楽しむ、むすびつく」をコンセプトに、習い事にまつわる様々な情報を発信していきまーす!