「Mele Kalikimaka(メレ・カリキマカ)」 ヤシの木が風にそよぐハワイのクリスマス・ソング

ワイキキのクリスマス(Photo by Tonsuke)

もうすぐクリスマス!

私たち日本人にとってのクリスマスは、寒い冬、雪や白い息といったイメージがありますが、温暖なハワイのクリスマスの風景はちょっと違います。

今回は、ハワイのクリスマス・ソング「Mele Kalikimaka(メレ・カリキマカ)」をご紹介させていただきます。

 

メレ・カリキマカ、それは
晴れやかなクリスマスの日に
あなたに贈るハワイの挨拶

ハワイのクリスマスは、椰子の木が風に揺れ、緑がいっぱい!
昼には太陽が輝き 夜になると星たちが輝く

そんなハワイから、
あなたにメレ・カリキマカ!

 

「Mele Kalikimaka(メレ・カリキマカ)」とは、英語の「Merry Christmas(メリー・クリスマス)」をハワイ語に直した言葉です。
この歌は、クリスマス・シーズンのハワイで必ず聞くことのできる、定番のクリスマス・ソングです。

明るく温かい日差し、風にそよぐヤシの木・・・ハワイのクリスマスの様子が伝わってくる、ほっこりできる歌です。
ハワイの風景を思い浮かべながらお楽しみくださいね!

 

 

「Mele Kalikimaka(メレ・カリキマカ)」の作者は、ホノルル出身の作曲家、ロバート・アレキサンダー・アンダーソン(1894-1995)。1949年の作品です。
ビング・クロスビーの歌によって、世界的に有名になりました。その後も、とても多くのアーティストによってカバーされています。

ロバート・アレキサンダー・アンダーソンは、101年の生涯で、200曲近くのハワイアン・ソングを残しました。
ゆったりとした明るいメロディラインが特徴で、ハワイの自然や人々への愛と敬意に満ちた曲ばかりです。

 
ロバート・アレキサンダー・アンダーソンのことや、もうひとつの代表作「Lovely Hula Hands(ラブリー・フラ・ハンズ)」については、こちらの記事もご覧くださいね。

 

『まるでカモメが海の上をすべるように美しく、時には谷間に降る雨や、崖を舞い上がる風を物語る・・・』と語る「ラブリー・フラ・ハンズ」は、タイトルの通り、フラダンサーの美しい手の動きを讃える歌です。

情報源: 「Lovely Hula Hands(ラブリー・フラ・ハンズ)」フラダンサーの手の動きは、まるで海の上を行くカモメのような美しさ | MUSBIC ムスビック

 

みなさま、楽しいクリスマスをお過ごしくださいね!
ムスビックは、文化の継承や、みんなで過ごす楽しいひとときを応援します!

 

 

MUSBIC公式 Facebook ページ

 

About musbi-chan 236 Articles

むすびちゃんです。「習い事をきっかけに、集まる、参加する、楽しむ、むすびつく」をコンセプトに、習い事にまつわる様々な情報を発信していきまーす!