幸せを運ぶ【ティ(Ti)】のお話

Forest & Kim Starr

ティのお話と言っても、お茶のお話ではありません(笑)
植物のティ。ハワイ語では「キー」と発音するそうです。

ティは、日本ではセンネンボクと呼ばれ、観賞用としてよく栽培されています。ハワイには、ポリネシア人の「大いなる旅」によってもたらされました。

ハワイでは、悪霊を防ぎ、幸せを呼ぶ「魔除け」として植えられていたそうです。

ti2
ティの葉をティリーフと呼びます。

ティリーフは、フラダンスでは、装飾品として、スカートやレイ(首飾り)に、よく使われていますが、フラ以外でも様々な用途で使われてきました。

雨がっぱのような使い方をしたり、有名なハワイ料理である「ラウラウ」は、豚肉や魚をティの葉で包んで蒸し焼きにした料理ですし、根から出る樹液を発酵させてお酒にしたり、藁ぶき屋根のように屋根に使ったり・・・

ラウラウというハワイの伝統料理
ラウラウというハワイの伝統料理

ハワイでは衣食住全てに関わってきた、人が集まるところには必ずある!
ティはそんな植物なんですね!

 
※ ハワイの伝統芸能フラ(hula)には、「ダンス」という意味が含まれています。そのため、フラ(hula)と呼ばれる事も多いのですが、「フラダンス」の方が一般的です。そのため、このサイトでは「フラダンス」と表記させていただいております。
 
※ フラ(hula)は、ハワイの伝統的な歌・踊り・音楽がミックスした総合的な芸術で、宗教的な儀式でもあります。
 

MUSBIC公式 Facebook ページ