【初心者の囲碁体験シリーズ第6回】囲碁も経営もぶれない戦術がダイジ!その理由とは?

碁盤と呼ばれるボードに交互に石をおいて陣地を取り合い、取った陣地の広さで勝敗を決めるボードゲーム、囲碁。シリーズでお送りしている・・・はずの囲碁体験、ちょっと間が空いてしまいました。汗

え?難しくって挫折したのかって・・・?ち、違いますよ!忙しかっただけですよ!(苦笑)

 

ダイヤモンド囲碁サロン
ダイヤモンド囲碁サロン

 
久しぶりにダイヤモンド囲碁サロンにお邪魔してきました。梅木さんにお会いするのも久しぶりです!
ダイヤモンド囲碁サロンのアットホームな雰囲気、良いですね。思わず「ただいま~!」って言いそうになっちゃいました。

まずはリハビリ(!?)
お隣の男性の対局を見学しながら、「二眼」とか「連絡」のことをちょっと復習。ふむふむ、思い出してきました。

※「二眼」については、こちら

※「連絡」については、こちら

そして、初心者用の縦横9本の線が引かれた碁盤で、久しぶりの対局体験!

 
今回の気づきは、効率よく陣地を取っていくには、終始一貫した戦術を用いなくてはならない、ということです。
そのために重要なのが、「大局観を持つ」ということなんです。

囲碁は、そのときそのときで優先順位を考えて、石をおいていくわけですが、方針がぶれてはいけないんです。
ぶれると何が起こるかと言うと、自ら方向性を狂わせてしまうんです。上手くいっていたはずなのに情勢が怪しくなったり、おいてはいけない場所に石をおいてしまって、石の無駄遣いをしてしまったり・・・

 

囲碁1
私の家にある碁盤と碁石。結構年代ものです!

 

囲碁って、経営と同じなんですね。
囲碁が古くは戦国武将に、そして最近では会社の経営者の方々に好まれるのが、何故だかわかる気がしました。

今回も、囲碁の奥深さの片りんを感じることができました。上手になるまで続けようと思いまーす!

 
※ダイヤモンド囲碁サロンのホームページはこちら

 

MUSBIC公式 Facebook ページ

 

About musbi-chan 314 Articles
むすびちゃんです。「習い事をきっかけに、集まる、参加する、楽しむ、むすびつく」をコンセプトに、習い事にまつわる様々な情報を発信していきまーす!