【初心者の囲碁体験シリーズ第5回】囲碁も人も「つながり」がダイジ!囲碁における「連絡」とは?

碁盤と呼ばれるボードに交互に石をおいて陣地を取り合い、取った陣地の広さで勝敗を決めるボードゲーム、囲碁。ダイヤモンド囲碁サロン梅木さんのご協力で、囲碁体験をしてきました。

 

ダイヤモンド囲碁サロン
ダイヤモンド囲碁サロン

 

連絡

二眼と並んで重要なキーワードが「連絡」です。今日は「連絡」について教えていただきました。

石はつながっていると、バラバラに置かれているよりも強くなります。石がつながっている状態を、「連絡」と言います。
この写真では、白も黒も「連絡」が出来ていません。
黒が「連絡」出来ている状態
黒が「連絡」出来ていない状態

 

対局中、碁盤のどこかにこの形が現れたら、黒がまず押えなければいけない場所は、下の写真の赤い箇所です。黒がこの場所に打った形を「かたつぎ」と言います。最初に覚えなければいけない、基本形なのだそうです。白がこの場所に打ったときは、白が黒の「連絡」を「きる」と言います。

%e5%9b%b2%e7%a2%81_%e9%80%a3%e7%b5%a13
下の写真の黒の形は、「かけつぎ」と言います。白が黒の「かたつぎ」の場所に置いても、つまり白が「きって」きても、次の手で黒が白の「きり」を取ることができるので、白の「きり」を防ぐことができている、つまり黒は「連絡」ができている、ということなんですね。

この黒は「連絡」できている
「かけつぎ」 この黒は「連絡」できている

囲碁は交互に石を置くわけですから、あちこちに石を置いていくと、なかなか「連絡」ができません。なるべく少ない石で「連絡」を作るのが効率の良い戦い方と言えます。囲碁の達人は、非常に効率よく「連絡」をしていくのだそうです。

一方、対局中にすぐに石を取られてしまう人は、「連絡」が弱いのですって。

勝敗を決めるためには、自分が「連絡」を作るのと同時に、相手には「連絡」をさせないことが重要になります。つまり、攻守のバランスがダイジなんですね。

 ※ダイヤモンド囲碁サロンのホームページはこちら

MUSBIC公式 Facebook ページ

About musbi-chan 319 Articles
むすびちゃんです。「習い事をきっかけに、集まる、参加する、楽しむ、むすびつく」をコンセプトに、習い事にまつわる様々な情報を発信していきまーす!