40歳オヤジ、初めてのフラダンス体験~しんどい!筋肉痛だ!踊れない!・・・でも楽しい!!!

みなさん、こんにちは。
「フラダンスのショーで一緒に踊らないか?」と友人に誘われ、「とりあえずやってみよう」とフラダンスを始めた、40歳のオヤジです。

これから、私のフラダンス体験記を、みなさまにお伝えしていこうと思います。
フラダンスを始めてみたいけど、勇気がない・・・とお考えのみなさまに、ご参考にしていただければ幸いです。

・・・・・

お誘いを受けはしたものの、始める前、私の頭の中は疑問符だらけでした。
なぜ男の私がフラダンスを!?
フラダンスって女性の踊りではないの?
男が踊ってもいいの?
そもそもハワイに行ったこともないし・・・

でも、実際にやってみると・・・

気持ちが良い!楽しい!

ハワイアンミュージックを聞きながら、頭をまっしろにして踊りに集中することが、こんなにも気持ちよくて楽しいとは思ってもみませんでした!

 

毎日忙しく暮らしていると、ストレスをリセットする機会はなかなかありませんよね。ハワイアンミュージックを聴くだけでも、とても癒されますが、自分の体と真剣に向き合いながら踊ることが、これほど素晴らしい時間の過ごし方になるとは!

他の習い事をしたときには得られなかった、フラダンスならではの楽しさかもしれませんね。

 

注:写真はイメージです(Photo by Sakaori [CC BY 3.0 (https://creativecommons.org/licenses/by/3.0)], via Wikimedia Commons)

 

踊るのは思ったよりもたいへん!

みなさん、フラダンスのイメージって、どんなですか?
私は「優雅に波に乗るように、自然に踊っている」というイメージでした。
ところが、実際にやってみると、普段使わない筋肉を使い、想像以上に辛かったです。

まず、基本の姿勢を維持することがきつい!
「背筋はピンと伸ばしたまま、ヒザはまげて、手は胸の前」
これが見た目よりはるかに筋肉を使います。

ひざを曲げることを意識すると、背筋が曲がる。
背筋を伸ばすことを意識すると、ひざが伸びる。
やっと背筋を伸ばしてひざを曲げられたと思うと、今後は手がおろそかに・・・

全身の筋肉を意識して、意識して、意識して、やっと何とか基本姿勢を保てるようになります。

 

小鹿ちゃん、上手に立てるかな?(注:写真はイメージです)

 

そのままステップ!

やっと基本姿勢ができたかと思うと、今度は基本の姿勢を維持したままステップの練習です。
背筋、ひざ、手、足。全身のありとあらゆるところを意識して動きます。
気分は生まれたての小鹿ちゃん。
「あれ、ステップはどっちに行くんだっけ?腰は?ああ、背筋が伸びてない!ああ、手が基本の位置にいない!」
脳みそ大混乱です!

 


自分がマジで小鹿ちゃんに見えてきます・・・

 

傍で観ていると、とても簡単に動いているように見えるのに、実際にやってみると、こんなにも難しいものだったのかと思い知った、第1回目のレッスンでした。

心地良い疲労と筋肉痛を抱えてレッスンは終わり、次回に続いていきます。

 

※ フラ(hula)は、ハワイの伝統的な歌・踊り・音楽がミックスした総合的な芸術で、宗教的な儀式でもあります。

※ ハワイの伝統芸能フラ(hula)には、「ダンス」という意味が含まれています。そのため、フラ(hula)と呼ばれる事も多いのですが、「フラダンス」の方が一般的です。このサイトでは「フラダンス」と表記させていただいております。

 

MUSBIC公式 Facebook ページ

 

About musbi-chan 305 Articles
むすびちゃんです。「習い事をきっかけに、集まる、参加する、楽しむ、むすびつく」をコンセプトに、習い事にまつわる様々な情報を発信していきまーす!