「耐雪梅花麗(雪に耐えて梅花麗し)」夢を実現したい方、目標を達成したい方、事業に成功したい方、全ての方に贈る”西郷どん”の名言

Photo by MUSBIC

「耐雪梅花麗(雪に耐えて梅花麗し)」という言葉をご存知ですか?

幕末の志士、今年の大河ドラマの主人公でもある西郷隆盛が、甥の市来政直に贈った漢詩の一節です。

元プロ野球選手、黒田博樹投手が”座右の銘”にしていらっしゃることで有名になりました。

広島カープからメジャーリーグに移籍して活躍した後、広島カープに復帰して優勝に導き、2016年に引退なさった黒田投手、高校時代にこの言葉に感銘を受け、以来座右の銘としていらっしゃるのだとか。

先日の東京の大雪で、明治神宮に現れた奇跡のような美しい雪景色は、まさに、”耐雪梅花麗(雪に耐えて梅花麗し)”を想起させる風景でした。

 

 

西郷隆盛が市来政直に贈った全文はこちらです。

一貫唯唯諾  一貫、唯唯(いい)の諾
従来鉄石肝  従来、鉄石(てっせき)の肝
貧居生傑士  貧居(ひんきょ)、傑士(けっし)を生み
勲業顕多難  勲業(くんぎょう)多難に顕(あら)わる
耐雪梅花麗  雪に耐えて梅花麗(うるわ)しく
経霜楓葉丹  霜を経て楓葉(ふうよう)丹(あか)し
如能識天意  如(も)し、能(よ)く、天意を識(し)らば、
豈敢自謀安  豈(あに)敢(あえ)て、自から安きを謀(はか)らむ

 

いったん引き受けようと心に誓ったことは、
どこまでも、ただひたむきに、やり通さなければならない。
これまで、鉄のように、石のように、固く守ってきた意志は、
いつまでも変えてはならない。
豪傑の士というものは、貧しい暮らしをしてきた人の中から現れ、
高く評価される事業というものは、多くの困難を乗り越えて成し遂げられる。
梅の花は、雪に耐えて麗しく咲き、
楓の葉は、霜を経て真赤に紅葉する。
もし、これらの天意を理解できるならば、
安楽な生き方を選ぶことなど、どうして出来るだろうか。

 

軍服姿の西郷隆盛 床次正精作(出展:Wikimedia Commons)

 

美しい風景を楽しみながら、心の中に響く言葉、しっかりとかみしめていきたいものですね。

ムスビックは、夢を実現したい方、目標を達成したい方、事業に成功したい方、全ての方を応援します!

 

MUSBIC公式 Facebook ページ

 

About musbi-chan 304 Articles
むすびちゃんです。「習い事をきっかけに、集まる、参加する、楽しむ、むすびつく」をコンセプトに、習い事にまつわる様々な情報を発信していきまーす!