「E Pili Mai(エ・ピリ・マイ)」カウアイ島の伝説をベースにした、うっとりするほどロマンティックなハワイアン・ソング

フラダンサーに大人気!どこか懐かしさを覚えるシンプルで優しいメロディで、とってもロマンティックなラブソング「E Pili Mai(エ・ピリ・マイ)」
どなたでも、どこかで聞いたことがあると感じる曲ではないでしょうか?

 
「E Pili Mai(エ・ピリ・マイ)」の作者は、ラリー・リンゼイ・キムラとピーター・ムーン。
ザ・ピーター・ムーン・バンドが1982年に発表したアルバム「Cane Fire!」に収録されている曲です。

※「Cane Fire!」は、ハワイのグラミー賞と言われるナ・ホク・ハノハノ・アワードで、この年の主要な賞を総なめにした伝説的なアルバムです。

 

 

作者のラリー・リンゼイ・キムラは、日系2世、現在はハワイ大学ヒロ校の助教授でハワイ語を専門とする言語学者です。

 
「E Pili Mai(エ・ピリ・マイ)」は、カウアイ島に伝わる、こんな伝説がベースとなっています。

 

『この有名なラブソングは、ある伝承がもとになっている。
たいまつを(マカナ山の)険しい崖から渦巻く風の中に放る。
花火のように。
そして、愛する人が(崖の下で)でたいまつをキャッチする。
たいまつをキャッチしたとき、その肌にはしるしが残る。
愛の熱さがつけたしるしが』
(ケアリィ・レイシェルのアルバム「Ke`alaokamaile」のライナーノーツより)

 
マカナには、ハワイ語で”贈り物”という意味もあります。マカナ山の伝説を”贈り物”と掛け合わせているんですね!

 
ご紹介する動画は、ケアリィ・レイシェルの歌う「E Pili Mai(エ・ピリ・マイ)」です。
この曲を最も有名にしたのは、ケアリィ・レイシェルのカバーといっても過言ではないでしょう。

ケアリィ・レイシェルの歌に合わせて、素敵なフラダンスを披露しているのは、ハワイ島、カイルア・コアのHalau Kala‘akeaokeaolani(ハーラウ カラアケアオケアオラニ)のみなさんです。
うっとりしながらご覧くださいね(#^^#)

 

 

ケアリィ・レイシェルの「E Pili Mai(エ・ピリ・マイ)」は、2003年に発表したアルバム「Ke’alaokamaile」に収録されています。「涙そうそう」も収録されているアルバムです。

※ハワイに伝わった「涙そうそう」については、こちらの記事もご覧くださいね。

 

 

※ フラ(hula)は、ハワイの伝統的な歌・踊り・音楽がミックスした総合的な芸術で、宗教的な儀式でもあります。

※ ハワイの伝統芸能フラ(hula)には、「ダンス」という意味が含まれています。そのため、フラ(hula)と呼ばれる事も多いのですが、「フラダンス」の方が一般的です。このサイトでは「フラダンス」と表記させていただいております。

 

MUSBIC公式 Facebook ページ

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。