百人一首かるたの歌人エピソード~イケメン在原業平が昔の恋人に捧げた、神々しいまでに美しい風景の歌にこめた思いとは?

ちはやふる 神代もきかず 龍田川 からくれなゐに 水くくるとは

”畳の上の格闘技”、競技かるたブームをもたらした『ちはやふる』のタイトルとなった歌。
主人公の綾瀬千早が、百人一首の中で最も好きな歌が、この歌です。初めてかるたをしたときに、 綿谷新に「千早の札だよ」と言われた想い出の歌です。

百人一首の歌人エピソード、今回は、千早が一番好きな歌、平安時代のイケメンの代名詞、在原業平が詠んだ歌をご紹介いたします。
そこには、昔の恋人に捧げた、切なくも美しい想い出が描かれています。

 

歌川広重 『六十余州名所図会』「大和 立田山 龍田川」(出展:Wikimedia Commons)

 

在原業平ってどんな人?

作者の在原業平(825-880)は、父方の祖父が平城天皇、母方の祖父が桓武天皇という、とても高貴な身分の出身ですが、政変に巻き込まれて臣下の身分となった方です。
数々の素晴らしい和歌を残し、平安時代を代表する歌人として、六歌仙、三十六歌仙に選ばれています。

在原業平は、平安初期に成立した歌物語『伊勢物語』の主人公のモデルと言われ、平安時代随一の美男子で、多くの女性とのロマンスが伝えられています。
特に、陽成天皇の母君、藤原高子とのロマンスは有名で、陽成天皇は、在原業平の子供ではないかという噂まであったほど。

 

狩野探幽『三十六歌仙額』に描かれた在原業平(出展:Wikimedia Commons)

 

歌に込められた想いとは

この歌は、清和天皇の女御、二条妃(にじょうのきさき)の館にある屏風の風景を歌にした、”屏風歌”だという記録が残っています。
女御とは、天皇の側室で、中宮に次ぐ高い身分の方のことで、二条妃とは、藤原高子(ふじわらのたかいこ)のことです。

藤原高子は、清和天皇の女御となり、陽成天皇の母となりましたが、宮廷にあがる前に、在原業平と密かに愛し合っていた時期があり、駆け落ちをしようとしたこともあったのだそうです。
この歌が詠まれた時期よりも、何年も前のことです。

ある日、在原業平は二条妃の屋敷に招かれました。
何年振りかで再会した恋人たち・・・
でも、気楽に昔話をできるような立場ではありません。
二条妃は、かつての、人には言えない二人の想い出を歌に残してほしいと、在原業平に頼みました。

 

はるか遠い昔、神々の時代でさえ、こんなことはなかっただろう。龍田川の流れが、舞い落ちた紅葉をのせて、鮮やかな紅色に染まっているではないか!

 

在原業平は、屏風に描かれた美しい風景を歌にしながら、過ぎ去った二人の関係が、世界が不思議なことで満ちていた、神代の昔にも見ることはできなかったであろうほど、鮮やかで美しい想い出だと伝えたのですね。

 

在原業平と二条后(月岡芳年画)(出展:Wikimedia Commons)

 

歌に散りばめられた高度な技巧

この歌、秘めた恋の想い出や、その色鮮やかな光景から、とても人気なのですが、美しいだけの歌ではありません。
龍田川を人とみなす擬人法、川面に紅葉が流れる様子を「韓紅(からくれない)色に絞り染めにした」と表現する見立て、さらには「ちはやふる 神代もきかず」を先に持ってきた倒置法など、高度なテクニックが散りばめられています。

イケメンというだけでなく、平安時代を代表する歌人として、在原業平の面目躍如というところですね!

 

☆関連記事のご紹介☆

藤原高子の御子で、在原業平の子供ではないかと噂された、”アブナイ天皇”陽成院をご紹介いたしました、こちらの記事も是非ご覧くださいね。

筑波嶺(つくばね)の みねより落つる みなの川 恋ぞつもりて 淵となりぬる “畳の上の格闘技”、競技かるたで使用される小倉百人一首は、100首中なんと43首が恋の歌! 中でも、今回ご紹介いたします歌は、”アブナイ天皇”として悪名高い陽成院が、後に妃となる政敵の娘、綏子(すいし)内親王に捧げた、とってもピュアな恋の歌です。 “アブナイ天皇”というレッテルの真相は・・・

情報源: 百人一首かるたの歌人エピソード~”アブナイ天皇”のピュアなラブレター、陽成院のお話

 

MUSBIC公式 Facebook ページ

 

About musbi-chan 314 Articles
むすびちゃんです。「習い事をきっかけに、集まる、参加する、楽しむ、むすびつく」をコンセプトに、習い事にまつわる様々な情報を発信していきまーす!