桜 サクラ ホク・ズッターマイスター

フラダンサーに大人気!桜の花に母への想いを込めたハワイアン・ソング~「Ku’u Pua Sakura」

日本の情緒を象徴する桜が、ハワイの文化と出会ったとき、そこに美しい歌とフラダンスが生まれるのは、必然だったようです。
フラダンサーに大人気!今回は、桜をテーマにしたハワイアン・ソング「Ku’u Pua Sakura」をご紹介させていただきます。

「Ku’u Pua Sakura」は、ハワイアン・ミュージック界を代表するシンガーのひとり、ホク・ズッターマイスターが、2016年に発表したオリジナル・ソングです。日系人のお母さま、スーザン・ミサエ・ズッターマイスターさんに捧げた歌で、桜の美しさをお母さまに例え、お母さまへの感謝を歌い上げています。
なんとバックには琴の音が!ハワイアン・ミュージックに琴、という不思議な組み合わせが、この歌の魅力を深めている気がいたします。

ホクの歌に合わせて素敵なフラダンスを披露していらっしゃるのは、ホクのお母さまスーザン・ミサエさんです。
優しい歌声と素敵なフラダンスの親子共演をお楽しみくださいね。

 

 
歌の中で、桜の花はピカケのレイと出会います。
ピカケはスーザン・ミサエさんの大好きなお花。ピカケに桜の花を合わせることによって、ホクは歌の中でお母さまに、この上なく美しいレイ~ピカケと桜のレイ~をプレゼントしたのですね!

 
ホク・ズッターマイスターはオアフ島出身。由緒あるフラ・ファミリーに育ったホクは、幼い頃からフラダンスやウクレレ、ギターなど、ハワイの文化・音楽に親しんで育ちました。
2007年に発表したデビューアルバム「ʻĀina Kūpuna」は、ハワイ版のグラミー賞といわれるナ・ホク・ハノハノ・アワードで、なんと6部門を受賞!
今や、フラ・コミュニティーに引っ張りだこの人気シンガーのひとりです。

 
☆アルバム「Ku’u Pua Sakura」のカバーに使われている写真は、オアフ島中央部のワヒアワの桜です。沖縄からの移民たちによって、ハワイに持ち込まれたのだとか。

 

☆こちらの記事でご紹介しておりますハワイアン・ソング「Lāʻieikawai(ライエイカワイ)」は、ホク・ズッターマイスターのデビュー・アルバム「ʻĀina Kūpuna」に収録されています。


いつか踊れるようになりたい~!と、多くのフラダンサーがあこがれるハワイアン・ソングの名曲たち。そのテーマは、恋人や家族、故郷への愛、ハワイの美しい風景、ハワイの神話や伝説など、ハワイの人たちにとって、大切なものばかりです。

情報源: いつか踊れるようになりたい!フラダンサー憧れのハワイアン・ソング~美しきプリンセスの伝説「Lāʻieikawai(ライエイカワイ)」

 

フラ(hula)は、ハワイの伝統的な歌・踊り・音楽がミックスした総合的な芸術で、宗教的な儀式でもあります。

ハワイの伝統芸能フラ(hula)には、「ダンス」という意味が含まれています。
そのため、フラ(hula)と呼ばれる事も多いのですが、「フラダンス」の方が一般的です。
このサイトでは「フラダンス」と表記させていただいております。

情報源: ハワイの教養として、フラダンスのことをきちんと知りたい! | MUSBIC/ムスビック

 


MUSBIC公式 Facebook ページ

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA