アレクサンダー チョコレートケーキのようなまろやかで深い味わいのカクテル

Photo by MUSBIC

みんなと一緒のときに楽しく過ごしたい!1人の時間も大事にしたい!そんな気分のときにおすすめのカクテル、今回はアレクサンダー(※アレキサンダーとも言います)をご紹介します。

 
アレクサンダー

アレクサンダーは、英国皇太子エドワード(後のエドワード7世)が、愛する妻、アレクサンドラ王女に捧げたカクテルと言われています。
もともとは「アレクサンドラ」という名前だったのが、いつの間にか「アレクサンダー」に変化したのだとか。フランスでは、今でも「アレクサンドラ」と呼ばれるそうですよ!

他にも、マケドニアのアレクサンダー大王にちなんだカクテルという説や、『三銃士』を著した文豪、アレクサンドル・デュマ(大デュマ)だとか、いやいや『椿姫』を著したアレクサンドル・デュマ(小デュマ)の方だ、などなど諸説あり、真相は定かではありません。

名前や由来など、飲むときの話題にしたら楽しそうですね!

 
レシピ(※作り方の簡単な説明です)

アレクサンダーには、ジンベースとブランデーベース、2通りのレシピがあります。
もともとはジンベースだったのが、後からブランデーベースが誕生したとも言われています。
日本ではブランデーベースが、欧米ではジンベースがポピュラーなようです。

シェイカーに、ジンまたはブランデーと、生クリーム、クレーム・ド・カカオを入れてシェイク。
カクテルグラスに注ぎ、仕上げにナツメグをかけて出来上がり!

口当たりが良いため、アルコール度数の強さを感じさせないので、飲みすぎに注意してくださいね。

 

 
1575年、オランダでルーカス・ボルスによって誕生した、ボルス社のクレーム・ド・カカオです。
ボルス社のフレーバー・リキュールは、世界中のバーテンダーから高い支持を集めています。ボトルの形は、扱いやすさを徹底的に研究して出来上がったのだそうですよ!

 

素敵なひと時をお過ごしくださいね!
ムスビックは、ならいごとだけでなく、人と人との結びつきや楽しいひと時も応援します。

 

%e3%82%ab%e3%82%af%e3%83%86%e3%83%ab%e5%85%b1%e9%80%9a

 

MUSBIC公式 Facebook ページ

About musbi-chan 304 Articles
むすびちゃんです。「習い事をきっかけに、集まる、参加する、楽しむ、むすびつく」をコンセプトに、習い事にまつわる様々な情報を発信していきまーす!