• HOME
  • ブログ
  • 音楽・楽器
  • 『クララ・シューマン生誕200周年記念コンサート』に向けて~ひとつの演奏会を共有するご縁から新たなつながり・むすびつきを!

『クララ・シューマン生誕200周年記念コンサート』に向けて~ひとつの演奏会を共有するご縁から新たなつながり・むすびつきを!

今年の9月、クララ・シューマン生誕200周年にあたる今年、クララを愛する有志のみなさまによって『クララ・シューマン生誕200周年記念コンサート』が開催されます。
主催者のおひとり、一級建築士事務所・空音舎(そらおとしゃ)さんは、音楽専門の建築事務所です。
今回は、空音舎の代表、田中渚さんにお話を伺いました。

田中渚さんは、『クララ・シューマン生誕200周年記念コンサート』では、リハーサルのために、防音室のモデルルームでもある音楽スタジオを提供、会場とのやり取りなどをこなし、さらに当日はチェロ奏者として登場!という、まさにマルチなご活躍ぶりです。

 
空音舎を設立したのは、「音楽とともに暮らす空間」を作るためでした。町の中に音楽が満ち溢れ、そこに暮らす人たちが楽しく交流している、幸せな風景を思い描いています。

 

空音舎の音楽スタジオで行われたリハーサル会のようす

 

お互いの演奏を聴いて、その後一緒に飲んだら、すぐに友達になれちゃうところが、音楽仲間の良いところですね。

『クララ・シューマン生誕200周年記念コンサート』では、総勢26名もの方たちが演奏します。中には、今回初めてお会いする人同士も多いのだとか。
ひとつの演奏会を共有するという、素敵なご縁でつながった演奏者さん同士。そこから、新たな共演が生まれていくそうです。

 

リハーサル会の後、空音舎の田中さんを囲んでみなさんで記念撮影!

 

『クララ・シューマン生誕200周年記念コンサート』をひとつのきっかけとして、別の、新たな共演へと、演奏者さんたちがどんどんつながっていくといいなって思います。

田中渚さんは、演奏者さんたちに出会いの場を提供することにも、とても熱心です。
素晴らしい曲がたくさんあって、素晴らしい演奏をする方が大勢いらっしゃる。
それなのに、残念なことに、演奏者さん同士は、なかなか出会う機会がないのが、現状なのだとか。

田中渚さんは、単に演奏する場所を提供するだけでなく、演奏者さん同士のつながりまでも提供することを、常に目指していらっしゃいます。

 
私たちも、「好きを貫こう!好きを支えます。習い事・趣味からつながる、ひろがる、むすびつく」をコンセプトにしていますので、とっても共感します!
これからも応援していきますね!

 

一番右のチェロが田中渚さんです

 

☆『クララ・シューマン200周年記念コンサート』開催概要☆
日時:2019年9月15日(日) 13時開演
会場:ミューザ川崎『市民交流室』
JR川崎駅西口より徒歩1分
入場料:無料

※先着120名様までの完全予約制となっています。

ご予約は、こちらから。

クララ・シューマンの音楽に触れてみたい方、是非お出かけくださいね。

 

✩空音舎代表・田中渚さんについて✩

田中渚さんは、3歳よりピアノ、10歳よりチェロとオーケストラを始められました。高校時代に、コンサートホールでソロ演奏をしたのがきっかけで、「音楽とともに暮らす空間づくり」をめざすことに。
2015年に空音舎一級建築士事務所を設立。防音室のモデルルームでもある音楽スタジオは、レンタル利用(時間貸し)や、イベント、コンサートの開催が可能です。
まさに、”音楽と共に暮らす”を実践していらっしゃいます。

空音舎さんのホームページはこちらから。

 

空音舎代表の田中渚さんとジョニーさん。息もピッタリ!の名コンビです

 

クララ・シューマンのピアノにフォーカスいたしました、こちらの記事もご覧くださいね。

生誕200周年を機に、19世紀に活躍した女性として、あらためて注目を集めているクララ・シューマン 天才作曲家ロベルト・シューマンの妻で、8人の子どもたちの母、偉大なピアニストであり作曲家という、さまざまな”顔”を持つクララ。 中でも、19世紀を代表する女性ピアニストといわれるほど、クララ・シューマンのピアノは、高く評価されています。

情報源: 生誕200年記念~クララ・シューマン特集②~ピアノを愛し、ピアノに愛された女性クララ | MUSBIC/ムスビック

 

MUSBIC公式 Facebook ページ

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。