• HOME
  • ブログ
  • 音楽・楽器
  • 『クララ・シューマン生誕200周年記念コンサート』~みんなの力が集まった時、奇跡は生まれ、次へと橋渡しをする!

『クララ・シューマン生誕200周年記念コンサート』~みんなの力が集まった時、奇跡は生まれ、次へと橋渡しをする!

とうとうこの日がやってきました!
クララ・シューマン生誕200年にあたる2019年9月、クララを愛する人たちによって『クララ・シューマン生誕200周年記念コンサート』が催されました。
開催が決まってから半年あまり、じっくりと準備をしていらしたみなさまの、文字通り晴れ舞台です!

アマチュア・プロの垣根を超えた、総勢27名の演奏者による演奏は、6時間にも及ぶ長丁場!

 

当日演奏なさった全ユニットです!全部で22曲が披露されました。

 

プログラムは、クララの作品だけでなく、クララと永遠の友情で結ばれたブラームス、クララの最愛の夫ロベルト・シューマン、犬猿の仲(?)のリスト、どこかですれ違った(?)サン=サーンス、さらにクララの父親や異父弟まで登場するという豪華な布陣!
ピアニストだったクララらしく、この日演奏された全ての曲にピアノが入りました。さらに曲によって、ヴァイオリンやチェロ、クラリネットといった弦楽器や管楽器が加わります。
6時間という時間は、あっという間に過ぎていきました。

 

オープニングはブラームスのクラリネット・ソナタでした。写真のお二人の何気ない会話が、今回のクララ企画のきっかけになったのだとか。

 

ロベルト・シューマンの作品を披露なさったプロのユニット、長谷川晶子さん(チェロ)と植野愛さん(ピアノ)。お二人とも趣旨に賛同なさってのご参加です。

 

コンサートのあり方は様々。
ひとつの大きな曲を演奏するタイプ、演奏者がそれぞれ得意な曲や、その日のために練習してきた曲を持ち寄る発表会タイプなどなど。それぞれに良さがあります。
今回のように、テーマを決めて、そのテーマに関係する曲を集めるのも、時代背景や人物相関なども楽しめて、良いものですね!

 

今回は7月にご出産したばかりのお母さんも登場。ワーキング・マザーの先駆者だったクララのエピソードを体現しています!

 

打ち上げでは、これまでの努力を労った後は、さっそく新しい企画の話や、演奏メンバーを募集する方・応じる方なども登場。ひとつのイベントがきっかけで、新たな共演やむすびつきが生まれ、どんどん広がる瞬間を、間近で見させていただきました。
次の企画も、とっても楽しみです!

 

フィナーレは、クララ・シューマンのピアノ協奏曲を室内楽バージョンで。

 

主催のおふたり、そして出演者のみなさまの想いをご紹介いたしました、こちらの記事も是非ご覧くださいね。


クララ・シューマン生誕200周年にあたる今年、クララを愛する有志のみなさまによって『クララ・シューマン生誕200周年記念コンサート』が開催されます。 主催者のおひとり、一級建築士事務所・空音舎(そらおとしゃ)さんは、音楽専門の建築事務所です。今回は、空音舎の代表、田中渚さんにお話を伺いました。

情報源: 『クララ・シューマン生誕200周年記念コンサート』に向けて~ひとつの演奏会を共有するご縁から新たなつながり・むすびつきを! | MUSBIC
 


クララ・シューマン生誕200周年にあたる今年、クララをこよなく愛する有志のみなさまによって、『クララ・シューマン生誕200周年記念コンサート』が開催されます。主催者のおひとり、ジョニーさんに、クララへの想いや、イベントへの意気込み、音楽への想いなどを熱く語っていただきました。

情報源: 『クララ・シューマン生誕200周年記念コンサート』に向けて~クララという素晴らしい女性を、ひとりでも多くの方に知ってもらいたい! | MUSBIC
 


2019年9月、世界初の女性職業ピアニストでワーキングマザーの先駆者、クララ・シューマン生誕200周年を記念した『クララ・シューマン生誕200周年記念コンサート』が開催されます。 この日のために、総勢26名の、クララを敬愛する演奏者のみなさんが、プロ・アマチュアの垣根を超えて大集合!

情報源: 『クララ・シューマン生誕200周年記念コンサート』~みんなの力を合わせて楽しい時間と空間を共有しよう! | MUSBIC/ムスビック

 

クララ・シューマンをご紹介いたしました、これまでの記事をまとめました。
こちらも是非ご覧くださいね。


天才作曲家の妻で、8人の子どもたちの母、偉大なピアニストであり作曲家・・・ クララ・ヨゼフィーネ・ヴィーク・シューマン(1819.9.13~1896.5.20)は、実にいろいろな”顔”を持った女性です。いったい全体、素顔のクララはどんな女性だったのでしょう?

情報源: 生誕200年記念~クララ・シューマン特集~クララ・シューマンをご存知ですか? | MUSBIC/ムスビック
 


生誕200周年を機に、19世紀に活躍した女性として、あらためて注目を集めているクララ・シューマン 天才作曲家ロベルト・シューマンの妻で、8人の子どもたちの母、偉大なピアニストであり作曲家という、さまざまな”顔”を持つクララ・・・

情報源: 生誕200年記念~クララ・シューマン特集②~ピアノを愛し、ピアノに愛された女性クララ | MUSBIC/ムスビック
 


19世紀ヨーロッパで活躍した、世界初のワーキングマザーのピアニスト、クララ・シューマン 世界で初めての、プロの女性ピアニストで作曲家、クララ・ヨゼフィーネ・ヴィーク・シューマン(1819.9.13~1896.5.20)。かつてクララ・シューマンは、”天才作曲家ロベルト・シューマンの妻”という側面ばかり注目されていました。

情報源: 生誕200年記念~クララ・シューマン特集③~妻として母として、愛する家族のために力を尽くした女神の旅路 | MUSBIC/ムスビック
 


ヨハネス・ブラームス(1833~1897) ドイツ北部ハンブルク出身のブラームスは「音楽の父」J.S.バッハ、「楽聖」ベートーヴェンと共に、ドイツ音楽の「三大B」と称えられる、19世紀ドイツを代表する作曲家の一人です。

情報源: 生誕200年記念~クララ・シューマン特集④~シューマン夫妻に幸福をもたらし、シューマン夫妻によって、一層の輝きを手にしたヨハネス・ブラームス | MUSBIC/ムスビック
 


今年、生誕200周年を迎えるクララ・ヨゼフィーネ・ヴィーク・シューマン(1819.9.13~1896.5.20) 天才作曲家ロベルト・シューマンの妻にして、世界初のプロの女性ピアニストで作曲家、クララ・シューマンをご紹介しておりますシリーズ、いよいよ今回は、クララ最愛の夫、ロベルト・シューマンについてご紹介させていただきます。

情報源: 生誕200年記念~クララ・シューマン特集⑤~ロベルト・シューマンからクララへ「『献呈』~明日僕の花嫁になる、君に捧げる愛の歌」| MUSBIC/ムスビック

 

MUSBIC公式 Facebook ページ

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。