マイレ!女神様「ラカ」が宿る神聖な植物ともいわれ、フラダンスの装飾品として最もよく使われるハワイの固有植物

古代ポリネシア人たちが「大いなる旅」によって、ハワイにもたらし、ハワイで独自の進化を遂げたフラダンス。フラダンスを踊る時、人々は、花をつないだ首飾り(レイ)や髪飾り(クリップ、ヘッドバンド)などで身を飾ります。これらは、全て神様への捧げものなのです。

マイレは、キョウチクトウ科の低木で、ハワイ固有の植物です。
ハワイでも、標高の高いところに生えています。フラダンスでは、花ではなく葉っぱを使います。とても良い香りが漂うんですよ!

マイレレイ

マイレレイ

マイレには、フラダンスの女神様「ラカ」が宿っていると言われています。
神様に捧げるカヒコ(古典フラ)では、マイレを使います。

もともとは、ハワイ諸島で部族間抗争が起きたとき、戦いを終わらせ、平和を約束する証として、族長同士がマイレでレイを編み、贈り合ったのが、マイレのレイの起源だとか。
ハワイの結婚式では新郎が身につけますが、ここには、絆を深めるという願いが込められています。

マイレは、人と人を結びつける植物なのですね!

マイレレイのご購入はこちらから


フラダンスやタヒチアンダンスは、ポリネシア人が自然や神々に捧げた儀式や祭礼が、それぞれの土地で独自に発展し、進化していったものと言われています。彼らはいつ頃ハワイやタヒチに住むようになったのでしょう?太平洋上の島々に、どこから、どうやって、移り住んでいったのでしょう?

情報源: 古代ポリネシア人の「大いなる旅」の謎・ホクレア号の伝説の航海:ハワイの人達の祖先のことを知りたい | MUSBIC/ムスビック

フラ(hula)は、ハワイの伝統的な歌・踊り・音楽がミックスした総合的な芸術で、宗教的な儀式でもあります。

ハワイの伝統芸能フラ(hula)には、「ダンス」という意味が含まれています。
そのため、フラ(hula)と呼ばれる事も多いのですが、「フラダンス」の方が一般的です。
このサイトでは「フラダンス」と表記させていただいております。

情報源: ハワイの教養として、フラダンスのことをきちんと知りたい! | MUSBIC/ムスビック

MUSBIC公式 Facebook ページ

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。