「ハワイアン・ミュージック」「ハワイアン・ソング」「フラ・ソング」などの用語を整理してみる!

日頃何気なく使っている「ハワイアン・ミュージック」「ハワイアン・ソング」「フラ・ソング」といった言葉たち。
その定義とは?みんな、どうやって使い分けてるの?ということをまとめてみました。皆様のご参考になれば幸いです。

 
ハワイアン・ミュージック

文字通り、ハワイで生まれた音楽のことですが、その幅は多種多様です。
ウクレレ、ギター、ベースにボーカルというシンプルな構成で、フラダンスのための音楽を奏でる人たちから、癒し系のゆったりとした音楽、ジャズやレゲエの影響を受けたものなどなど、本当に様々です。
ハワイアン・ミュージックには、ボーカルあり・なしの両方があります。

※ハワイアン・ミュージックが誕生し、今のような多様性を持つまでに至る歴史的な背景も見逃せません。ハワイの音楽の歴史は、また別の機会にご紹介いたしますね!

 

「アロハ・オエ」など多くの名曲を残したリリウオカラニ女王(出展:Wikimedia Commons)

 

ハワイアン・ソング

ハワイアン・ミュージックのうち、ボーカルのついているものを、ハワイアン・ソングといいます。
ボーカルはハワイ語のもの、ハワイ語以外(英語や日本語など)のものに分かれます。

 
フラ・ソング

ハワイアン・ソングのうち、ハワイ語で歌われるものをフラ・ソングといいます。フラダンスのための歌、と考えてもよいでしょう。

フラ・ソングには、いくつかの”お約束”があります。

最も特徴的な”お約束”は、1コーラスを2回ずつ歌うことでしょうか。5番まである歌でしたら、10コーラス歌うことになります。
もちろん、あまりに長くなる場合は調整することもありますので、生演奏で踊るときには、事前に打ち合わせしておく必要があります。
Kohea(合図として1小節目の歌詞を大きな声でいう、掛け声)で、指示をすることもあります。

多くの歌の最後の部分が、「Ha’ina ‘ia mai ana ka puana(ハイナ・イア・マイ・アナ・カ・プアナ)」という歌詞で始まります。
直訳すると「主題を伝えます」といった意味になります。この歌は何を伝えたいのか、歌の最後に念押しする、といった意味合いです。
この部分を2回目に歌うときに、「Ha’ina hou(ハイナ・ホー)」とKohea(掛け声)がかかります。これは、「もう一度言います」という意味ですが、「これで歌が終わりますよ」というサインなのです。

 
こういった”お約束”は、絶対的なわけではありません。
ハワイのミュージシャンたちによって、新しい歌がどんどん誕生しています。フラ・ソングの”お約束”に沿ったものも、そうでなく、全く自由な発想で作られたものもあります。
フラダンスも、それに合わせるように、どんどん進化しています。

たとえば毎年イースターの時期(3月か4月)に開催される、世界最高峰のフラダンス競技会、メリーモナーク・フェスティバル。
アウアナ(近代フラ)部門では、新しいスタイルのフラダンスが披露され、その年のトレンドになるそうです。
ハワイのミュージシャンが発表するハワイ語の新曲は、発表直後、「次のメリーモナーク・フェスティバルで使いたい」という引き合いが殺到することもあるんですって!

 

© CC BY-SA Thomas Tunsch / Hula0080200.jpg (Wikimedia Commons).

 

ハパ・ハオレ・ソング

ハワイアン・ソングのうち、欧米人が作った英語のものをハパ・ハオレ・ソングと言います。
ハパ(Hapa)は、ハワイ語で一部とか混血といった意味で、ハオレ(Haole)は、白人という意味です。
憧れの南の島ハワイをイメージした歌が多いのが特徴で、私たち日本人にとっては、なじみの深い曲が多いです。

ハパ・ハオレ・ソングで踊るフラダンスのことを、フラ・ハパ・ハオレと言います。
日本ではお馴染みのジャンルと言えますね。ハワイの伝統文化ではないとか、商業主義的だという声もありますが、ハワイのフラ・ハラウ(フラダンス教室)でも、フラ・ハパ・ハオレを1つのジャンルとして、きちんと教え伝えているところもあります。

 

 

※ フラ(hula)は、ハワイの伝統的な歌・踊り・音楽がミックスした総合的な芸術で、宗教的な儀式でもあります。

※ ハワイの伝統芸能フラ(hula)には、「ダンス」という意味が含まれています。そのため、フラ(hula)と呼ばれる事も多いのですが、「フラダンス」の方が一般的です。このサイトでは「フラダンス」と表記させていただいております。

 

MUSBIC公式 Facebook ページ

 

About musbi-chan 236 Articles

むすびちゃんです。「習い事をきっかけに、集まる、参加する、楽しむ、むすびつく」をコンセプトに、習い事にまつわる様々な情報を発信していきまーす!