【初心者の囲碁体験シリーズ第2回】囲碁サロン初体験!まずは囲碁の基礎のキを学んできました

碁盤と呼ばれるボードに交互に石をおいて陣地を取り合い、取った陣地の広さで勝敗を決めるボードゲーム、囲碁。ダイヤモンド囲碁サロン梅木さんのご協力で、囲碁体験をしてきました!

ダイヤモンド囲碁サロン
ダイヤモンド囲碁サロン

初めて入った囲碁サロンは、アットホームで、和やかな雰囲気。想像していたよりもはるかに気軽に入れちゃいます。1人でサロンに行って、そこでお友達ができるのも良いですね!

ダイヤモンド囲碁サロンバーカウンター
ダイヤモンド囲碁サロンにはバーカウンターがあります!
まずは囲碁の基本を教えて頂きます。

碁盤に描かれた線と線が交差する点を交点と言います。石は、この交点におきます。石自体に強弱はなく、また一度おいた石を動かすことはできません。これは、囲碁と将棋の最も異なる部分ですね。

%e5%9b%b2%e7%a2%81%ef%bc%92
石は交点に
プレイヤーは、交互に石をおいていきます。
ゲームの終わりは、お互いに「終わりですね」と合意した時。
相手に全ての線をふさがれると、石は取られます。
全ての線をふさがれている目に石はおけません。ただし、「そこに石をおいたら、相手の石を取れる」というときは別。

細かいルールはありますが、基本ルールはいたってシンプル。だからこそ囲碁は奥深いのですね。

さて、基本を教えて頂いたら、さっそく初心者用の縦横9本の線が引かれた碁盤で実地体験スタートです!

どうなることか、ドキドキです!

※ダイヤモンド囲碁サロンのホームページはこちら

 

MUSBIC公式 Facebook ページ

About musbi-chan 330 Articles
むすびちゃんです。「習い事をきっかけに、集まる、参加する、楽しむ、むすびつく」をコンセプトに、習い事にまつわる様々な情報を発信していきまーす!