ハワイに咲くナウパカ~結ばれなかった恋人たちの魂が恋をかなえてくれる花

ハワイのお花ナウパカを見たことがありますか?
ハワイ語でNaupaka 英名はHalf Flowerといいます。小さな白い花で、その形に特徴があります。ナウパカは、半円形に花びらをつけています。

ハワイに咲く花たちは、みんな物語を持っています。
その昔、ハワイの人々は、花は神々や人の化身だと考えていました。さまざまな想いや物語を、花に託して伝えてきたのです。

ハワイに咲く花ナウパカと、ナウパカが伝える物語をご紹介させていただきます。

 

山のナウパカ(Photo by Forest & Kim Starr)

 

ナウパカには、海辺に生息する海のナウパカ(ナウパカ・カハカイ)と、山間部に生息する山のナウパカ(ナウパカ・クアヒヴィ)があります。山のナウパカは、海のナウパカから分かれて進化した、ハワイ固有種なんですよ!

ナウパカは、これといった花言葉は持たないのですが、様々な伝説を持っています。そのどれもが、悲しくて切ない物語です。

身分違いで恋を成就出来なかったお姫様と若者、火山の女神ペレの嫉妬のために離れ離れになった恋人たち・・・

ナウパカは、結ばれなかった恋人たちの化身なのだそうです。
運命に引き裂かれた二人の心を表しているかのように、ナウパカは海と山に別れて、半円形に咲いているのですね。

 

海のナウパカは花と実を同時につけることもあります(Photo by Forest & Kim Starr)

 

海のナウパカと山のナウパカを合わせると、恋人たちが嬉し泣きをして、雨が降るのだとか。きっと、傷ついた心をそっと包み込んでくれるような、優しい雨なのでしょうね。

海と山、両方のナウパカを合わせたら、ナウパカに宿る恋人たちの魂に導かれて、恋がかなう、離ればなれの恋人と再会できる、というすてきな言い伝えもあります。

でも山のナウパカを見つけるのは、ちょっと大変。だからこそ、両方のナウパカを見つけたら、どんな願い事もかなうほどの嬉しさを感じるのでしょうね!

 

もう一つのナウパカ、絶滅危惧種のドゥワーフ・ナウパカ(Photo by Forest & Kim Starr)

 

先住ハワイ人が伝える物語は、人々が自然と共に暮らし、自然から多くを学び、伝え残してきたもの。そこから見えてくるのは、彼らの伝統文化の世界です。

私たちも、先人たちが伝え残してきたもの、大切に受け継いでいきたいですね。

※自然に咲く花は、決して勝手に摘まないようにご注意くださいね。

 

MUSBIC公式 Facebook ページ

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。