デンバー訪問記その2 やっぱり外せない!ヨーロッパ調の町並みの随所に光るアートのエスプリ、ダウンタウン

デンバーのアイコン、コロラド・コンベンション・センターのクマさん(Photo by Keiko Suganuma)

デンバーは、街の中心部の、古い街並みも魅力的です!

街をあげて若手アーティストたちを支え、アートな街として盛り上がりを見せているデンバー。前回は一押しのエリア、River North Art District、通称RiNo(ライノ)と呼ばれる地域についてご紹介しました。

今回は、デンバーの顔、街の中心部をご紹介させていただきます。

 

Union Station(ユニオン駅)、威風堂々とした姿がステキです。

 

まずは、デンバーの陸路の玄関 Union Station(ユニオン駅)と、デンバー最大のショッピングモール 16th Street Mall(16番街モール)を、ご紹介しない訳にはいきません!

デンバーのダウンタウン北西に位置するUnion Station(ユニオン駅)は、1881年に誕生。20世紀初頭の、鉄道の隆盛期から、戦後の衰退期まで、時の流れを見つめてきました。
アートの街の顔としてリノベーションされた今は、市民の憩いの場 ”デンバーのリビングホール”として愛されています。

 

ユニオン駅の内部。まさにリビングホールですね!

 

中には、カフェやアイスクリーム、雑貨のお店が軒を連ね、ホテルも入っています。

 

駅の近くには、こんなかわいい子もいました!

 

ここも、アートを感じさせてくれる空間ですね!

 
さて、街の中心部の通りを、歩行者天国にするだけでなく、そのままショッピングモールにしてしまったのが、16th Street Mall(16番街モール)です。
無料のシャトルバスが、数分おきに通っているので、とっても便利です。

この無料シャトルバスは、ガイドブック「地球の歩き方 アメリカ」の表示にもなっています!

 

『地球の歩き方』の表紙を再現してみました(#^^#)

 

さらに外せないのが、The Colorado Convention Center(コロラド・コンベション・センター)です。
青いクマさんが中を覗いているのはこちら!

大きいのに愛嬌があるその姿、デンバーのマスコットになっているのが分かりますね(#^^#)

 

中から見たクマさん。あれ?クマさんに見られてる!?

 

デンバーは、コロラド州の州都です。何といっても、ゴールドラッシュで繁栄した街を象徴する、金色のドームを持つColorado State Capitol Building(コロラド州州会議事堂)は必見です。
中もゴージャスですので、ぜひ見学してみて下さいね!

 

黄金のドームがまばゆいコロラド州会議事堂

 

デンバーには、まだまだ見所やミュージアム、古い町並み×ARTを感じられる場所が沢山あります。
アメリカに行く時は是非、デンバーにも足を伸ばしてみて下さいね!

 

デンバーをご紹介いたしました、第1回目の記事はこちらです。

かつて偉大なアーティストたちによって盛り上がり、今、若手のアーティストたちを支える街として、再び盛り上がりを見せているデンバー。 最近では、アメリカでも旅行者が増えてきていて、要注目です! 「名前は聞いた事あるけど、、、行ったことはない」という方も多そうなデンバー、2回に分けてご紹介させていただきます^^

情報源: これからグイグイ来るかも!古い街並みを生かしたアートの街、デンバーへ!!その1.進化を続けるRiver North Art District【RiNo(ライノ)】

 

デンバーをご紹介しているサイトはこちらから(英語のサイトです)

 

 

こちらが、本文中でご紹介いたしました『地球の歩き方 アメリカ』の表紙です(#^^#)

 

 

MUSBIC公式 Facebook ページ

 

About musbi-chan 314 Articles
むすびちゃんです。「習い事をきっかけに、集まる、参加する、楽しむ、むすびつく」をコンセプトに、習い事にまつわる様々な情報を発信していきまーす!