「何も無い島」にある”何か”を探して~長崎県 五島列島の小値賀(おぢか)島

「何も無い島」こと小値賀島(Photo by Keiko Suganuma)

「何も無い島」

これが福岡から夜行のフェリーで5時間、もしくは佐世保から高速船で1時間半の場所にある、長崎県の五島列島にある小値賀島(おぢかじま)の自己紹介です。
島は1周2時間程度で回れてしまい、存在する信号もたった2つだけ。観光施設はありません。

小値賀島には本当に何も無いの?

いえいえ、実際に訪れた小値賀島では、たくさんの「有る」に出会うことができました!

 

◆自然が作ったまん丸な石

草原が広がる中、小さな鳥居が佇んでいます。
鳥居のある草地から眺める海は広々としていて、何時間でも眺めていられそうな景色です。

 

草原の中に、小さい鳥居が立っています

 

鳥居の近くまで行くと、海に向かって、ゴツゴツとした岩場になっている事が分かります。

 

ゴツゴツとした険しい岩場

 

この鳥居、何を奉っているかというと、ポットポールと呼ばれるまん丸な石を奉っています。
波によって岩と岩がぶつかって削られ、長い時間をかけて、自然の力で、岩が綺麗な円形の石になりました。それがポットボールです。

 

深い穴の奥に、大きなボールのような石が入っているのが見えます

 

ゴツゴツとした岩場にまん丸な石!この対比が、何とも不思議な感じですね!

 

◆沢山のビーチ

小値賀島には、小さなビーチや砂浜がいくつかあります。
どのビーチも、透明度の高い海が、訪れる人を待っています。

ちゃんとシャワーがあるビーチもあるのですが、真夏でもほぼプライベートビーチ状態との事でした。
何とも贅沢です。

 

こんなに綺麗な砂浜も。シャワー設備があるそうです。

 

◆ユニークな看板

島には動物たちが沢山いて、その中でも多いのが牛です。
これは、「牛に注意!」の看板の一つ。
とてもいい味を出しています。

 

何とも言えない表情の看板

 

◆夕陽スポット

綺麗な夕陽を眺められるスポットも沢山あります。
海の間に沈む夕陽の美しさは格別です。

 

いつまでも眺めていたい夕陽です

 

◆島の人々

何より素敵なのは、小値賀島では民泊が盛んなことです。
島のお宅に、まるで家族のようにお邪魔して、一緒の時間を過ごし、お夕飯のお手伝いをして一緒に頂きます。
お魚は沢山捕れるし、野菜もお米も、島内で自給自足が可能とのことでした。

とても、豊かな島なんです!

 

筆者が泊まった民泊でのお食事

 

小値賀島には、たしかに華やかな観光施設も、お店も、何もありません。
でもこの島には、多くの方に体験して頂きたい、豊かな自然と、温かい人々と、美味しい食事があります!

5月から夏が、ベストシーズン。
「何も無い島」に、ぜひ、足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

野崎島の公式サイトはこちらから

 

MUSBIC公式 Facebook ページ

About musbi-chan 304 Articles
むすびちゃんです。「習い事をきっかけに、集まる、参加する、楽しむ、むすびつく」をコンセプトに、習い事にまつわる様々な情報を発信していきまーす!