「こどもの日」の由来や歴史を紐解いてみると、みんなの幸せへの願いが見えてくる!

Photo by Musbic

こどもの日 こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する

1948年に「国民の祝日に関する法律(祝日法)」によって、5月5日が国民の祝日「こどもの日」と制定されました。
今回は、こどもの日の起源や歴史を紐解いてみます!

 
端午の節句の起源

もともと5月5日は、五節句のひとつ、端午(たんご)の節句です。

※節句については、こちらの記事もご覧くださいね。

端午の起源には諸説ありますが、古代中国、晋の時代に、邪気を祓うため、蓬(よもぎ)で作った人形を飾り、菖蒲を門にかけていたという記述が残っているそうです。
日本では古来、女性が家にこもって、田植えの前に穢れを祓い身を清める「五月忌み(さつきいみ)」という儀式がありました。
中国から伝わった端午と、五月忌みが結びついて、端午の節句が生まれたのです。

端午の節句が男の子の行事となったのは、鎌倉時代以降です。
「菖蒲」が、武道や武勇を重んじる「尚武」、あるいは「勝負」と読み方が同じこと、また菖蒲の葉が刀に見えることから、男の子の成長を祝う行事になっていきました。
鎧、兜、刀は、武士の身体を守る物なので、災いから身を守るために飾るようになったとも、梅雨を前に、武家で虫干しを兼ねて飾るようになったとも言われています。

 

菖蒲の花

 
こいのぼりは江戸時代になってから

中国に竜門という滝があります。この滝を登り切った魚は竜になるといわれ、たくさんの魚が挑戦したのですが、みんな失敗。鯉だけが見事に登り切り、竜になることができたという、中国の「鯉の滝登り」の故事。今でも使われる「登竜門」という、言葉の起源であり、鯉が立身出世の象徴として大事にされる由来でもあります。

男の子が生まれたとき、のぼりを上げてお祝いをする風習が将軍家から始まり、次第に武家、江戸時代には庶民にも広まっていきました。そのときに、裕福でありながら地位の低かった商人が、のぼりに鯉の絵を飾るようになったのが、こいのぼりの起源と言われています。

こいのぼりと一緒に上げる五色の吹き流しは、万物は木・火・土・金・水という5種類の元素から成り立つという、古代中国発祥の五行説に由来するそうです。

 

こいのぼり

 
端午の節句に食べる縁起物

地域による違いはありますが、端午の節句には、ちまきやかしわもちを食べる習慣がありますね。
これも、江戸時代に庶民に広まったようです。
ちまきは、中国の春秋戦国時代の楚の詩人、屈原の命日が5月5日で、彼を慕う人々が供養のためにちまきを使ったのが起源と言われています。
かしわもちは日本独自の風習です。柏の葉が新芽が出るまで落ちないことから、「家系が途絶えない」縁起の良いものとされています。

 

かしわもち

 

庶民の文化が花開いた江戸時代。
家族やコミュニティの人たちが、みんなの健康や長寿、成功を願いながら、楽しく暮らしていた姿が想像できますね!

みんなが忙しい現代では、節句のお祝いもなかなかできないかもしれません。でも、古くから伝わる素敵な伝統、私たちも大事に伝え残していきたいですね!

 

MUSBIC公式 Facebook ページ

About musbi-chan 236 Articles

むすびちゃんです。「習い事をきっかけに、集まる、参加する、楽しむ、むすびつく」をコンセプトに、習い事にまつわる様々な情報を発信していきまーす!