カレイヒイマクアのフラ・コンペティション挑戦記③~生花のレイでハワイの人たちの心を表現!

喜びいっぱいのカレイヒイマクアのみなさん(Photo by MUSBIC)

ハワイの文化としてのフラダンス、特にカヒコ(古典フラ)をきちんと習いたい人必見!

日本にいながらにして、ハワイのクム・フラ(フラダンスの先生)、ポーマイカイ・クルガーさんの直接指導を受けることができる、東京・立川のフラダンス教室、カレイヒイマクア。
2018年6月2日(土)に開催された「クー・マイ・カ・フラ・ジャパン2018」という、フラ・コンペティション(フラダンス競技会)では、ワヒネ・カヒコ・グループ部門優勝という素晴らしい結果を残しました。おめでとうございます!

カレイヒイマクアの競技会への挑戦、今回は、フラダンスに欠かせない装飾品で、教室名※にも含まれている”レイ”についてご紹介させていただきます。

 
※教室名の「カレイヒイマクア(Kaleihi’imakua)」とは、「親に抱っこされたレイ」という意味のハワイ語です。

 

ティリーフのレイ・ポオとジョブズティアーズのレイ

 

クー・マイ・カ・フラ・ジャパンで求められるのは、踊りだけではありません。
ハワイの文化への理解や愛情も、審査対象です。

フラダンスにおいて、衣装や装飾品は、歌の内容を表現するため、とても重要なもの。どんな衣装やお花を選ぶかは、歌の理解、つまりハワイの文化への理解を表すことにもなります。

特にレイは、ハワイの文化を象徴する存在です。
森の植物で身を飾ることによって、フラダンサーは身を清められ、マナ(聖なる力)を授かると言われています。

もともとは、フラダンサーが自ら森に入り、必要な分だけ花や葉を集め、レイを手作りしてきました。花を摘む前や、レイとして使用した後には、フラダンスの守護神ラカに祈りを捧げます。
この一連の作業や祈りは、全て、自分たちが自然とつながっていることを感じるために、今も大事に守られている、ハワイの伝統でもあるのです。

クー・マイ・カ・フラ・ジャパンでは、造花のレイの使用が認められていません。
どのようなレイを用意するか、各チーム工夫していらっしゃるのがわかります。 それぞれご自分たちが踊る曲に合わせた、素敵な衣装をまとい、レイで身を飾っていらっしゃいました。

 

リカさんのご実家で育てたシダ(左の花はグロリオサ)

 

カレイヒイマクアでは、以前、ハワイのシダを空輸したこともありましたが、お金がかかる上、日持ちしないため、届いたときには半分がダメになっていた、という苦い経験があるそうです。
カレイヒイマクアの主宰者で、ポーマイカイ・クルガーさんのアラカイ、リカさんは、悩んだ末に、ふたつの方法を取り入れました。

ひとつめは、リカさんのご実家、群馬の山にシダを植えることでした。
日本の気候・風土に合い、レイとしても使いやすいシダを調べ、自ら育てることにしたのです。
 

シダとグロリオサを使った髪飾り

 

もうひとつがツツジの葉です。
古くから日本に自生する低木で、初夏に華やかな花を咲かせるツツジは、近隣のお庭や公園など、いたるところにあります。
きちんとお願いすると、葉を分けていただけることがわかりました。
みなさん、お金をかけて剪定をしていることもあって、事情をお話してご相談をすると、ご協力いただけるのだとか。

 

ツツジの葉を使用した髪飾り

 

自分で育てる。身近にある花や葉を選んで大切に使う。これもまたハワイの心。
(ポーマイカイ・クルガーさん)

 
カレイヒイマクアのみなさんは、こうして材料を手に入れ、自分たちで手作りしたレイで身を飾り、素晴らしい演舞を披露しました。
舞台での素晴らしい演舞の影には、みなさんの心の込もった準備があったのですね!

 

みんなの頑張りの結果ですね!

 

カレイヒイマクアのホームページはこちら

※お問い合わせや、体験レッスンのお申込みは、リンクを開いて『お問い合わせフォーム』からお願いいたします。

 

☆関連記事のご紹介☆

2018年6月2日(土)は、カレイヒイマクアのみなさんにとって、決して忘れることのない日となりました。 この日、カレイヒイマクアのみなさんは「クー・マイ・カ・フラ・ジャパン」という、フラ・コンペティション(フラダンス競技会)に出場し、ワヒネ・カヒコ・グループ部門で優勝という素晴らしい結果を残したのです! 今回は、カレイヒイマクアのみなさんの、競技会までの道のりと、当日の様子をご紹介させていただきます。

情報源: カレイヒイマクアのフラ・コンペティション挑戦記①「勝っても負けてもギョーザ!」そして人生は続く

 

2018年6月2日(土)に開催された「クー・マイ・カ・フラ・ジャパン2018」という、フラ・コンペティション(フラダンス競技会)に出場し、ワヒネ・カヒコ・グループ部門優勝という素晴らしい結果を残した、東京・立川のフラダンス教室、カレイヒイマクアのみなさん。 ハワイのクム・フラ(フラダンスの先生)、ポーマイカイ・クルガーさんの直接指導を受けることができるフラダンス教室です。 今回は、カレイヒイマクアのみなさんの、舞台裏の様子を中心にご紹介させていただきます。

情報源: カレイヒイマクアのフラ・コンペティション挑戦記②~みんなの頑張りが舞台で花咲く!

 

カレイヒイマクアでは、本番の舞台やパーティーでは、必ず手作りの生花のレイを使用します。 そこに込められた”想い”とは? 今回は、フラダンスに必須の装飾品、教室名※にも含まれている、”レイ”について、お伝えさせていただきます。

情報源: フラダンス教室カレイヒイマクア~生花のレイ・メイキングでハワイの人たちの”心”を学ぼう!

 

※ フラ(hula)は、ハワイの伝統的な歌・踊り・音楽がミックスした総合的な芸術で、宗教的な儀式でもあります。

※ ハワイの伝統芸能フラ(hula)には、「ダンス」という意味が含まれています。そのため、フラ(hula)と呼ばれる事も多いのですが、「フラダンス」の方が一般的です。このサイトでは「フラダンス」と表記させていただいております。

 

MUSBIC公式 Facebook ページ

 

About musbi-chan 319 Articles
むすびちゃんです。「習い事をきっかけに、集まる、参加する、楽しむ、むすびつく」をコンセプトに、習い事にまつわる様々な情報を発信していきまーす!