フラダンスの女神ラカに捧げる祈りの空間~祭壇「アフ(クアフ)」に供えるハワイ固有の神聖な植物たち

フラダンスの女神にして森の女神、癒しの女神ラカ。
古代ハワイのフラダンサーたちは、アフ(ahu)またはクアフ(kuahu)と呼ばれる祭壇を築いて、自然の恵みに感謝し、フラダンスの上達を願って、ラカに祈りを捧げました。

ハワイの各島には、それぞれフラダンスの始祖についての伝説があります。中でも、フラダンスの祖として、最も篤く信仰されているのが、女神ラカです。

人々はラカのために祭壇を築き、神々に捧げる植物を供えました。
アフ(ahu)またはクアフ(kuahu)と呼ばれる祭壇は、かつて日本の家庭に多くみられた、神棚に近い存在だったようです。ここではアフと表記させていただきます。
アフの飾り方や様式は様々ですが、代表的なものをご紹介させていただきますね。

 
まず、ラマの木を切ったものを、黄色のカパで包んで置き、土台とします。 ラマは女神ラカのキノラウ(化身)です。
カパとは、木の皮を削ぎ、たたいて伸ばし、色や模様をつけて布のように使用したポリネシア伝来の伝統工芸品です。タヒチなど、ポリネシアの他の地域ではタパと呼ばれています。

黄色はラカの好きな色で光を象徴、黄色のカパもまた、光を象徴しているのだとか。

 

18世紀に作られたカパ(出展:Wikimedia Commons)

 

アフには多くの植物を飾りますが、女神ラカに降りてきてもらうために、必ず飾らなければならない、重要な植物が5つあります。

1.レフア ~女神ラカのために
2.ハラペペ ~ラカの母、女神カポのために
3.パラパライ ~女神ヒイアカのために
4.イエイエ ~半神ラウカイエイエのために
5.マイレ ~フラダンスの精霊マイレ4姉妹のために

これらの植物は、全て新鮮なものを使い、枯れてしまう前に取り替えます。枯れてしまうと、ラカは去ってしまうと考えたのです。
フラダンサーが踊るとき、生花のレイを身に着けるのと、同じ理由なんですね。

 
森に植物を集めに行くときは、生徒全員でオリ(チャント)を捧げます。
森の木々を傷つけることを謝り、女神ラカが祭壇に降りてくれることを祈ります。そして、祭壇の飾り付けが終わるまで、オリ(チャント)を捧げ続けます。
クム(先生)は、女神ラカがこのハラウ(お教室)に宿って、みんなを見守ってくれるようにと、祈りを捧げます。
枯れた植物は、感謝の祈りを捧げながら、森に返しに行きます。

自然と共に生きていた古代ハワイの人々。私たちは、祭壇の真似をすることはできません。でも、そこで表現している自然への敬意や感謝の気持ちなど、見習いたいことがたくさんありますね。

 

☆こちらの記事では、フラダンスの女神ラカについてご紹介しております。


フラダンスの女神様として、多くのハラウ(フラダンス教室)で信仰されている女神ラカ。ラカには、多くの言い伝えがあります。

情報源: さまざまな言い伝えを持つ謎の女性!?フラダンスの女神ラカは、ハワイの人たちの癒しの存在 | MUSBIC/ムスビック

 

☆こちらの記事では、女神ラカのキノラウ、ラマについてご紹介しております。


ハワイの植物は、それぞれ大切な意味や物語を持っています。中でも、ラマ(Lama)は特別!ラマは、フラダンスの女神ラカのキノラウ(化身)として、ハワイの人たちにとって、とても重要な植物なのです。

情報源: ラマ(Lama)~光を象徴するハワイの小さな柿は、フラダンスの女神ラカのキノラウ(化身) | MUSBIC/ムスビック

 

☆こちらの記事では、レフアについてご紹介しております。


オヒア・レフア(ʻōhiʻa lehua)には、とても多くの伝説があります。火山の女神ペレのキノラウ(化身)であるとか、ペレの大好きな花だとか。ペレが横恋慕して引き裂いてしまった恋人たち、オヒアとレフアの化身だとも言われます。

情報源: オヒアの木にレフアの花が咲く~様々な伝説を持つハワイ島の花「オヒア・レフア( ʻōhiʻa lehua)」 | MUSBIC/ムスビック

 

☆こちらの記事では、ハラ・ペペについてご紹介しております。


ハワイの人たちにとって、とても重要な存在の植物たち。今回は、そのひとつ、フラダンスの女神ラカの母、カポのキノラウ(化身)と言われる、ハラ・ペペ(Hala pepe)をご紹介させていただきます。

情報源: ハワイ固有植物ハラ・ペペ(Hala pepe)~聖なる植物はフラダンスの女神ラカの母、カポのキノラウ(化身) | MUSBIC/ムスビック

 

☆こちらの記事では、パラパライについてご紹介しております。


パラパライは、ハワイ固有のシダの一種で、ハワイ諸島の全ての島で見ることができます。日本語名を「イシカグマ」と言い、日本の温暖な地域や、ヒマラヤ、スリランカ、ポリネシアといった、熱帯から亜熱帯の地域に分布しています。

情報源: ハワイの神々に捧げられた神聖なシダ、パラパライ | MUSBIC/ムスビック(Palapalai)

 

☆こちらの記事では、イエイエについてご紹介しております。


ハワイの人たちにとって、とても重要な存在の植物たち。今回は、ハワイの森を鮮やかなオレンジ色の花で彩る、イエ・イエ(’Ie’ie)をご紹介させていただきます。

情報源: フラダンスの女神ラカに捧げるハワイの固有植物イエ・イエ(’Ie’ie)は、美しい女性の生まれ変わり | MUSBIC/ムスビック

 

☆こちらの記事では、マイレについてご紹介しております。


自然と共に暮らしてきた古代ハワイの人たちにとって、植物は大切な存在でした。神様の化身(キノラウ)と考えられた植物も、数多く存在します。中でも最も重要な植物のひとつ、マイレ(Maile)についてご紹介させていただきます。

情報源: マイレ!女神様「ラカ」が宿る神聖な植物ともいわれ、フラダンスの装飾品として最もよく使われるハワイの固有植物 | MUSBIC/ムスビック

 

フラ(hula)は、ハワイの伝統的な歌・踊り・音楽がミックスした総合的な芸術で、宗教的な儀式でもあります。

ハワイの伝統芸能フラ(hula)には、「ダンス」という意味が含まれています。
そのため、フラ(hula)と呼ばれる事も多いのですが、「フラダンス」の方が一般的です。
このサイトでは「フラダンス」と表記させていただいております。

情報源: ハワイの教養として、フラダンスのことをきちんと知りたい! | MUSBIC/ムスビック

 

MUSBIC公式 Facebook ページ

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。